自営業の住宅ローンは団体信用生命保険と一般の生命保険はどちらがお得?

AB

住宅ローンの審査では、住宅ローンの申込者本人(連帯債務者がいる場合は連帯債務者も含む)の「健康状態」が健康であるかが問われます。

具体的には、「団体信用生命保険(以下、団信とします)」に加入できる健康状態であることが必要です。金融機関の立場になればわかりますが、あなたが健康体で無ければ、途中で返済が滞るリスクがあるからです。

そのため、民間金融機関が取り扱っている住宅ローンにおきましては、団信に加入することが住宅ローン融資の条件に設定されていることがほとんどです。

万が一の担保として、生命保険会社などが取り扱っている生命保険の保障を、担保に設定することはできないのが一般的です。

ただし、自営業でも住宅ローンの審査に比較的通りやすいとされる「フラット35」では、団信の加入が任意となっております。生命保険会社などが取り扱っている生命保険の保障を、担保に設定することも可能となっています。

そこで本記事では、仮に、自営業の方がフラット35へ申し込みするものとして、団体信用生命保険と一般の生命保険はどちらがお得なのか考えてみたいと思います。

なお、本記事の解説において「一般の生命保険」とは、死亡や高度障害を起因して支払われる死亡保険のことを指すことをあらかじめご留意ください。

1.団体信用生命保険(団信)と一般の生命保険の違い

住宅ローンの担保を考えた時の「団信」と「一般の生命保険」は、いずれも同じ目的で活用される生命保険であることには変わりありません。

ただ、名前が異なる通り、違いがあります。

具体的にどのような部分が異なるのか、ここではわかりやすく解説を進めていきます。

1-1.団体信用生命保険(団信)とは

団信とは、住宅ローンの申込者(債務者)が、住宅ローンの返済期間中に死亡や高度障害になってしまった場合に適用される生命保険です。

具体的には、団信を引き受けた生命保険会社から住宅ローンを融資した金融機関に対して保険金が支払われることによって、住宅ローンの残債と保険金を相殺するための生命保険になります。

団体信用生命保険のイメージ

これによって、残された家族は、以後、住宅ローンの債務を抱えることが無くなる効果が得られます。

1-2.一般の生命保険とは

一般の生命保険とは、生命保険の被保険者(生命保険の対象となる人)が、死亡や高度障害になった場合に、保険金受取人に対して保険金が支払われる生命保険となります。

一般の生命保険

一般に、死亡や高度障害を起因として支払われる生命保険には、「終身保険」「収入保障保険」「定期保険」などがあげられます。

団信と同じ目的で活用される生命保険は、「収入保障保険」もしくは「定期保険」のいずれかであることが一般的です。

この理由として、「収入保障保険」や「定期保険」は、少額の保険料で大きな保険金が得られるからです。

「終身保険」に比べて、住宅ローン債務の補填には向いている特徴があります。

ただし、「収入保障保険」および「定期保険」は、いずれも掛け捨ての生命保険です。そのため、「終身保険」のように、死亡保障が一生涯に渡って残るものではありません。

一般の生命保険が、団信と大きく異なる点は、ご自身で選んだ生命保険契約によって、毎月の保険料や支払われる保険金が異なります。

いわば、保険金の受取金額を自分で調整できるところにあります。

2.フラット35の団信に加入するのと一般の生命保険に加入するのではどちらがお得なのか?

フラット35は、2017年10月より団信の特約料が改正され、従来の保険料としての支払方法から金利へ上乗せされる方法へ変更になりました。

そのため、そもそも団信への加入が任意であるフラット35で住宅ローンを申し込む場合、「団信に加入する」のと、「一般の生命保険に加入するの」ではどちらがお得なのか比較検討する必要が生じるのです。

そこで本項では参考例として、両方に加入した場合のシミュレーションをして比較検討した表を紹介しておきたいと思います。

なお、シミュレーションの前提条件は以下の通りとします。

  • 借入金額:3,500万円
  • 固定金利:団信加入は「年2.2%」、一般の生命保険加入は「年2.0%」
  • 返済期間:35年
  • 返済方法:元利均等返済(ボーナス払いなし)
  • 個人属性:30歳男性(住宅ローンの審査に特別の問題がないものとします)
  • 一般の生命保険料:1ヶ月あたり3,270円とし、65歳満了(保険期間35年間)とします
オリックス生命 収入保障保険キープ カンタン1分保険料シミュレーションより男性30歳で試算

参考:オリックス生命 収入保障保険キープ カンタン1分保険料シミュレーションより男性30歳で試算

※住宅購入諸費用など、その他の条件は加味しません

比較内容 団信加入 一般の生命保険に加入
金利 年2.2% 年2.0%
1ヶ月あたりの返済金額 119,566円 115,941円
35年間の総返済金額 50,217,977円 48,695,627円
35年間の支払保険料 1,373,400円
(3,270×12ヶ月×35年)
合計
(35年間の総返済金額+
35年間の支払保険料)
50,217,977円 50,069,027円
シミュレーション結果 一般の生命保険に加入した方が148,950円得する

前提条件でシミュレーションした結果、一般の生命保険に加入した方が団信に加入した場合に比べて148,950円得することがわかりました。

ただし、フラット35において、一般の生命保険を活用する時の大切な注意点があります。

これらの注意点と内容によっては、フラット35の団信へ加入された方がお得になる可能性があります。いずれにしましても、フラット35で住宅ローンを申し込む場合は、上記のような比較をすることが大切です。

2-1.フラット35において、一般の生命保険を活用する時の大切な注意点

フラット35において、一般の生命保険を活用する時の大切な注意点は、以下の通りです。

2-1-1.一般の生命保険を活用する場合は、いつでも保険金と残債が完済できる保障契約を締結する

フラット35を申し込みするにあたって、団信ではなく一般の生命保険に加入する目的はあくまでも同じものです。

そのため、仮にご自身が死亡や高度障害になった場合、一般の生命保険から支払われる保険金とそのときの住宅ローンの残債が、常に相殺できるような状況を作り出しておかなくてはなりません。

このような状況を作り出したとき、支払保険料と団信に加入した時の総返済金額を比較すべきです。

もし、団信に加入した方がお得なのであれば、一般の生命保険ではなく団信に加入するべきだということになります。

参考例(先のシミュレーションで、一般の生命保険における保険料が1ヶ月4,000円の場合)

比較内容 団信加入 一般の生命保険に加入
金利 年2.2% 年2.0%
1ヶ月あたりの返済金額 119,566円 115,941円
35年間の総返済金額 50,217,977円 48,695,627円
35年間の支払保険料 1,680,000円
(4,000×12ヶ月×35年)
合計
(35年間の総返済金額+
35年間の支払保険料)
50,217,977円 50,375,627円
シミュレーション結果 団信に加入した方が一般の生命保険に加入するよりも157,650円得する

2-1-2.一般の生命保険料は、年齢・性別・保険会社・契約内容・支払方法などによって大きく異なる

先のシミュレーションでは、オリックス生命の収入保障保険(ネット申込)を例に試算したものです。

一般の生命保険料は、年齢・性別・保険会社・契約内容・支払方法などによって大きく異なります。

そのため、これらの条件によっては、団信に加入した方がお得になる場合も十分考えられます。

生命保険の設計を依頼し、比較検討することが絶対に欠かせない注意点となります。

また、こちらは余談となりますが、保険会社や保険代理店は、保険を売るのが商売です。団信の代わりとなる保険設計において、無駄な保障が付けられる場合や意向に沿ったものではない内容になってしまうことも考えられます。

そのため、この辺については慎重に行わなければならないほか、不安であればセカンドオピニオンをして、保険を取り扱っていないFPへ相談するなどの対策も必要となる場合があると思われます。

補足

セカンドオピニオンとは、今かかっている医師(主治医)以外の医師に、アドバイスを求めることをさします。つまり、第2の意見です。

2-1-3.一般の生命保険料は、加入される方の健康状態や生活習慣によって保険料が変わる可能性がある

一般の生命保険料は、保険会社によって加入される方の健康状態や生活習慣によって保険料が変わる可能性があります。

たとえば、たばこを吸わない方であれば保険料が安くなる場合があるのです。

一方、極度な肥満や健康状態に懸念があるような場合は、そもそも一般の生命保険に加入することができないこともあるため、注意が必要となります。

3.自営業は、フラット35の3大疾病付機構団信へ加入するのがおすすめ

これまで、フラット35の団信に加入する場合と一般の生命保険に加入する場合のどちらがお得なのかについて解説をさせていただきました。

実は、フラット35には、「3大疾病付機構団信」といった保障に厚みのある団信もあります。

金利に上乗せされる部分は多くなってしまうものの、自営業の方は、3大疾病付機構団信へ加入されることをおすすめします。

この理由として、3大疾病付機構団信は、これまで解説した団信の保障(死亡や高度障害)に加え、3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)も保障されるからです。

3大疾病付機構団信であれば、住宅ローンの返済期間中にこれらの病気にかかった場合で所定の条件を満たした場合に、住宅ローンの残債と保険金が相殺されることになります。

自営業の場合、3大疾病で入院した場合、事業での収入が大きく減少してしまいますよね。

それに加えて、会社員や公務員と異なり、所得補償にあたる傷病手当金が支給されることはありません。そのため、住宅ローンの返済や医療費など、様々なものに対して経済的負担が多くかかることが考えられます。

このような場合に、3大疾病付機構団信に加入し、住宅ローンの債務がすべて無くなったとしますと、経済的負担や精神的負担が大きく軽減されることにつながり、極めて効果的です。

3-1.自営業に関わらず、残された家族の生活費を補うには、団信加入と一般の生命保険を併用するべき

こちらは参考情報となりますが、仮に、死亡や高度障害になったことによって住宅ローン債務がすべて無くなったとします。

ただ、残された家族の生活費や将来を考えたとき、自営業に関わらず、団信加入と一般の生命保険を併用するべきです。

住宅ローンの返済を考える上では、「将来のライフプランや住宅ローンの返済計画を考えることが大切である」と言われます。

「住宅ローンの債務に対する保険」として団信のみの保障では、残された家族の方の将来を考えられておらず、不十分だからです。

そのため、「終身保険」「収入保障保険」「定期保険」などのような、一般の生命保険にも加入しておくのが無難です。住宅購入という大きなライフイベントが発生することによって、これからの将来を考えた備えや対策が必要であると考えましょう。

特に、自営業の場合は、先にお伝えした所得補償にあたる傷病手当金だけではありません。

遺族年金についても会社員や公務員と比べて厚みがないため、なおさら、ご自身が死亡や高度障害になった場合に備えて「住宅ローン」と「生活費など」について対策しておくことが極めて重要となります。

まとめ

住宅ローンの申し込みを行う上で、団体信用生命保険と一般の生命保険はどちらがお得なのかにつきましては、様々な条件を総合的に照らし合わせて比較検討しなければ、正確な良し悪しは残念ながらわかりません。

ただし、これまでの解説のように自営業や会社員、公務員といった職業の違いによって置かれている立場や保障全般も異なります。

そのため、目先のお金だけに捉われない判断が極めて重要になることは言うまでもありません。

なお、民間金融機関が取り扱っている住宅ローンでも3大疾病付機構団信のようなものが取り扱われており、金融機関によって7大疾病や8大疾病など、保障の範囲が広くなっているものもあります。

その中でも、「住信SBIネット銀行住宅ローン」は、全疾病保障というあらゆる疾病をカバーしてくれる商品もあります。

自営業者には、最もオススメの住宅ローンであると言えます。

目先のお得感だけでなく、将来の保証を十分に考えて残された家族に迷惑をかけない住宅ローンを選びましょう。

自営業・個人事業主の方はフラット35が審査に通りやすくておすすめ

自営業の場合、会社員や公務員に比べて審査が通りづらいです。売上によって収入が変動するため、「不安定」という見方をされるからです。

ただし、フラット35(全期間固定金利)であれば話は別です。

民間金融機関の住宅ローンの場合、多くは「年収400万円以上で、安定した収入がある状態でなければ、そもそも申し込みすらできない」といった縛りがありますが、フラット35では、そのような収入に対する審査基準は一切ないからです。

さらに、通常は3年程度必要な過去の業績も、フラット35であれば、半年や1年の業績さえあれば審査への申し込みが可能です。

そのため、フラット35は自営業・個人事業主の方であっても審査に通りやすく、ほとんどの経営者がこれで住宅ローンを組んでいます。

以下に、自営業・個人事業主の方にお勧めのフラット35ランキングがありますので、参考にしていただけますと幸いです。

個人事業主向けフラット35ランキング

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング