自営業・個人事業主の経営者の住宅ローン審査情報まとめ

自営業の場合、会社員や公務員に比べて審査が通りづらいです。売上によって収入が変動するため、「不安定」という見方をされるからです。

ただし、フラット35(全期間固定金利)であれば話は別です。

民間金融機関の住宅ローンの場合、多くは「年収400万円以上で、安定した収入がある状態でなければ、そもそも申し込みすらできない」といった縛りがありますが、フラット35では、そのような収入に対する審査基準は一切ないからです。

さらに、通常は3年程度必要な過去の業績も、フラット35であれば、半年や1年の業績さえあれば審査への申し込みが可能です。

そのため、フラット35は自営業・個人事業主の方であっても審査に通りやすく、ほとんどの経営者がこれで住宅ローンを組んでいます。

以下に、自営業・個人事業主の方にお勧めのフラット35ランキングがありますので、参考にしていただけますと幸いです。

個人事業主向けフラット35ランキング

自営業・個人事業主の経営者はフラット35がおすすめ

【ARUHI(アルヒ)のフラット35】のメリット・デメリットと審査や金利の特徴

2018.08.30

自営業が住宅ローンを組むなら審査が甘いフラット35がオススメ

2018.11.10

ノンバンクのメリットデメリットとは?自営業の住宅ローンの審査

2018.10.14

自営業・個人事業主の経営者におすすめの住宅ローンの借換え

自営業の住宅ローン借り換え審査は厳しい?対策法とコツを紹介

2018.11.05

自営業・個人事業主の経営者の住宅ローン審査基準

個人事業主の自営業者が住宅ローンの審査に通過する7つの秘訣

2017.05.08

自営業の住宅ローン審査|借入可能額はいくら?目安と上限、計算方法

2018.03.31

自営業の住宅ローン審査と所得や売上、収入、年収の関係性を解説

2018.03.31

開業年数3年未満の自営業でも住宅ローン審査に通るのか?

2018.03.31

住宅ローンは自営業へ転職しても利用できる?審査に通過するポイント

2018.03.02

自営業者が住宅ローン審査を通過するには年収がいくら必要?

2017.08.03

自営業の住宅ローン審査|借入に自己資金・頭金は必要なのか

2018.11.04

自営業(個人事業主)が、住宅ローン事前審査・仮審査・本契約にかかる必要書類とは

2018.10.21

自営業の住宅ローン審査通過には土地などの担保が必要なのか?

2018.12.03

自営業・フリーランスの母子家庭でも住宅ローン審査に通過できる?

2018.11.22

自営業の住宅ローン審査は、連帯保証人が必要なのか徹底的に解説

2018.11.12

個人事業主の所得や自営業の専従者給与が住宅ローン審査に与える影響

2018.11.02

自営業は夫婦で収入合算をして住宅ローン審査の申請もあり

2018.10.27

自営業の住宅ローン審査は白色申告・青色申告どちらが通りやすい?

2018.10.27

個人事業主・自営業の専従者給与が住宅ローン審査に与える影響

2018.10.21

自営業が確実に住宅ローン審査を通すなら親子で借りるのもおすすめ

2018.11.04

クレジットカードが自営業の住宅ローン審査に与える影響とは?

2018.08.07

自営業の住宅ローン審査は妻名義と夫婦共働きのどちらが通る?

2018.08.07

個人事業主の自営業者が確定申告で住宅ローン控除・減税を受ける方法

2017.05.08

自営業・個人事業主の経営者が加入すべき住宅ローンの保険

自営業の住宅ローンは団体信用生命保険と一般の生命保険はどちらがお得?

2018.05.11

自営業・個人事業主の経営者にオススメの住宅ローン返済方法

自営業の住宅ローン返済で繰り上げ返済するメリット・デメリット

2018.08.07

自営業・個人事業主の経営者の住宅ローン審査の注意点

自営業の税金滞納は住宅ローン審査に悪影響を及ぼす

2018.08.09

自営業の税金滞納や年金未納が住宅ローン審査に与える影響

2018.10.18

自営業が赤字申告の場合に住宅ローン審査は通らない:対処法を紹介

2018.03.31

自営業で借金がある状態で住宅ローン審査へ申し込む場合の注意点

2018.03.31

自営業が国民年金を滞納するとフラット35でも住宅ローン審査に通らない?

2018.10.19

税金対策をしている自営業は住宅ローン審査前に修正申告すべき?

2018.08.09

自営業・個人事業主の方はフラット35が審査に通りやすくておすすめ

自営業の場合、会社員や公務員に比べて審査が通りづらいです。売上によって収入が変動するため、「不安定」という見方をされるからです。

ただし、フラット35(全期間固定金利)であれば話は別です。

民間金融機関の住宅ローンの場合、多くは「年収400万円以上で、安定した収入がある状態でなければ、そもそも申し込みすらできない」といった縛りがありますが、フラット35では、そのような収入に対する審査基準は一切ないからです。

さらに、通常は3年程度必要な過去の業績も、フラット35であれば、半年や1年の業績さえあれば審査への申し込みが可能です。

そのため、フラット35は自営業・個人事業主の方であっても審査に通りやすく、ほとんどの経営者がこれで住宅ローンを組んでいます。

以下に、自営業・個人事業主の方にお勧めのフラット35ランキングがありますので、参考にしていただけますと幸いです。

個人事業主向けフラット35ランキング