個人事業主・自営業のフラット35住宅ローンおすすめ比較ランキング

住宅ローンを「最もお得に借入したい」と考えた時、

  • どの金融機関で借入すべきか
  • どの金利タイプ(変動・固定など)を選択すべきか

このことが気になりますよね。

実際問題として、そもそも個人事業主・自営業の場合は、一般に、住宅ローンの審査に通りにくい現状にあります。

住宅ローンを融資する側としては「安定した収入」の有無を判断することになりますが、会社員や公務員といった職についている方と比較すると、どうしても「安定性に欠ける」といった判断になりやすいのです。

そこで、個人事業主・自営業の方におすすめなのが、長期固定金利型である「フラット35住宅ローン」です。

フラット35は、民間の金融機関が提供する住宅ローンに比べ、審査が通りやすい特徴があります。

民間金融機関の住宅ローンの場合、多くは「年収400万円以上で、安定した収入がある状態でなければ、そもそも申し込みすらできない」といった縛りがありますが、フラット35では、そのような収入に対する審査基準は一切ありません。

また、通常は3年程度必要な過去の業績も、フラット35であれば、半年や1年の業績さえあれば審査への申し込みが可能です。

また、フラット35は長期固定金利型であるため、住宅ローンの返済計画が立てやすいというメリットもあります。

幸いなことに、低金利時代の現在では、フラット35の金利も過去最低水準となっています。

過去に類を見ないほど低金利である恩恵を、完済まで長期に渡って受けられるフラット35は、まさに今が借り時でしょう。

そこで本記事では、個人事業主・自営業の方におすすめなフラット35住宅ローンについて、融資を受ける金融機関を選ぶポイントを解説した上で、2019年4月現在、最もお得にフラット35にて借入を行える金融機関ランキングをご紹介していきます。

1.全期間固定フラット35住宅ローンの失敗しない選び方

フラット35は、民間の金融機関が提供する住宅ローンとは、性質が全く異なります。

フラット35の債務者は「国の機関である住宅金融支援機構」であり、この機関が金利を決めているのです。

そして、民間の金融機関が、「その融資の事務を代行している」という位置づけになっています。

参考に、2019年4月現在の、フラット35・フラット35S(一定の住宅性能にある場合、当初5~10年の金利が-0.25%引下げになる)の金利を以下にお示しします。

返済期間15~20年 返済期間21~35年
当初5~10年間の金利 引下げ期間後の金利 当初5~10年間の金利 引下げ期間後の金利
フラット35 1.210% 1.270%
フラット35S 0.960% 1.210% 1.020% 1.270%

※2019年4月適用金利

実際のところ、多く民間金融機関は上記の最低金利に設定しているため、フラット35においては、金利だけで各金融機関を比較することは難しいのです。

では、何で比較すれば良いかと言いますと、融資事務手数料と付帯サービスです。

住宅ローンの融資を受ける際には、金利以外にも、印紙税・保証料・融資事務手数料・登記費用など、様々な諸費用が発生します。

この中でも、フラット35住宅ローンでの借入において金融機関で差が生じるのは、融資事務手数料だけです。

また、近年ネット銀行を中心に、団体信用生命保険の無料オプションが付帯される金融機関もでてきており、万が一に備えた対策として、見逃せないポイントとなっています。

さらに、金融機関によっては、頭金の割合次第で金利が優遇される場合もあるため、この点もしっかり比較検討することが重要です。

以上のポイントを踏まえまして、以下から、2019年4月現在、フラット35住宅ローンの借入を最も有利に行える金融機関ランキングベスト3位を、順番にご紹介していきます。

2.全期間固定フラット35住宅ローン比較ランキング

ARUHI(フラット35) 住宅ローン

  • ARUHI住宅ローン
  • 金利 5
    借りやすさ 4
    人気 5
    返済方法 5
    総合評価 4.8

第1位は、ARUHIです。

ARUHIは、2004年からフラット35住宅ローンの取り扱いを開始して以降、常に業界最低水金利を維持しています。

CMでもお馴染みとなりましたが、フラット35における実績は、2019年4月現在で8年連続シェアNo.1を獲得しており、他社に追随を許さないほどに人気のネット銀行となっています。

そんなARUHIの最大の特徴は、頭金が1割または2割ある場合、金利水準が下がることです。

借入期間が35年間の場合における、商品ごとの金利を見てみましょう。

当初5年または10年の金利引下げ期間の金利
(団信不加入時)
引下げ期間終了後の金利
(団信不加入時)
フラット35 1.270%
(1.070)
フラット35S 1.020%
(0.820)
1.270%
(1.070)
ARUHIスーパーフラット9S(※2,3)
【頭金1割以上】
0.970%
(0.590)
1.220%
(0.940)
ARUHIスーパーフラット8S(※2,3)
【頭金2割以上】
0.920%
(0.640)
1.170%
(0.890)

※1 フラット35S :一定の住宅性能をもつ家に当初5~10年間に適用される優遇金利
※2 スーパーフラット:頭金が1~2割ある場合に適用される優遇金利
※3 スーパーフラットS:住宅性能・頭金ともに条件に当てはまる場合適用される、ARUHIの最優遇金利

住宅が一定性能以上であり、頭金がある場合に適用される「スーパーフラットS」では、上記のように、お得なフラット35Sよりもさらに0.05~0.1%低い金利で借入を行えるのです。

フラット35は、多くの民間金融機関が融資を行っていますが、頭金が1~2割ある場合に金利がさらに引き下げられるのは、ARUHIだけです。

さらに、頭金が1~2割用意できない場合には、Webからの申し込み限定で、通常は借入金額×2.0%(税抜)かかる融資事務手数料が、借入金額×1.0%(税抜)に引き下げられるためお得な借入が可能となっています。

保障面におきましては、一定の加入費用を支払うことで、以下のようなオプションを付けることができます。

保障内容 加入費用
失業保障特約三ツ星くん 非自発的に失業し再就職ができない場合、1回の失業に際して最長6ヶ月、失業中のローン返済額負担。 融資金100万円につき800円
8疾病保障特約プレミアム 病気やケガで入院した場合、一時金として10万円。
8疾病により就業不能状態が12ヶ月を超えて継続した場合、ローン残高が0円。
45歳以下:融資金100万円あたり600円+9,000円
46~55歳:融資金100万円あたり1,200円+10,000円
56歳以上:融資金100万円あたり3,000円+11,000円

現在ご自身が加入されている保険内容と見比べて、要否を判断すると良いでしょう。

さらに、ARUHIは全国各地に実店舗を多く展開しており、対面相談が可能になっています。

ネット銀行の多くは実店舗がなく、少々面倒な審査における書類手続きを、自力でやらなくてはなりません。

しかし、ARUHIであれば、専門家の手厚いサポートのもと労力をかけずに簡単に申請することができるため、新規借入者にはもってこいでしょう。

また、借り換えのタイミングをメールで知らせてくれる「レートウォッチャー」や、簡単な利用登録と返済中のローンの情報を登録するだけで借り換えプランを診断してくれる「借り換えシミュレーション」など、ARUHIならではの便利なサービスが目白押しです。

事前審査は最短当日、本審査は最短3営業日と、審査スピードも驚くほど速いため、審査を急ぐ方にも最適です。

2019年4月現在、頭金が1割以上ある自営業の方にとっては特に、ARUHIが最有力候補であることは間違いありません。

フラット35金利
※頭金1割以上
35年固定 1.270%
フラット35S金利
※頭金1割以上
当初5~10年
当初期間終了後
1.020%
1.270%
スーパーフラット9S
※一定の住宅性能+頭金1割
当初5~10年
当初期間終了後
0.970%
1.220%オススメ!
融資事務手数料 借入金額×1.0%(税抜) Web申し込みの場合
※スーパーフラットの場合は借入金額×2.0%(税抜)
借り換え
その他 失業保障特約、8疾病保障特約あり※別途費用必要
ARUHI利用者専用のお得な火災保険あり

住信SBIネット銀行 住宅ローン

  • 住信SBIネット銀行ロゴマーク
  • 金利 4.5
    借りやすさ 4
    人気 5
    返済方法 5
    総合評価 4.5

第2位は、住信SBIネット銀行です。

住信SBI銀行は、三井住友信託銀行と、SBIホールディングスが共同出資し設立した、非常に人気のあるネット銀行です。

2019年4月現在、住信SBIでは、頭金が1割以上ある場合、フラット35の金利は1.270%、さらにお得なフラット35S(住宅が一定性能以上の場合)では1.020%となっています。

「頭金1割」という条件では、ARUHI同様に業界最低金利です。

住信SBIならではの強みと言えば、なんといっても保障面でしょう。

住信SBIでは、Webからの申込み限定で、団体信用生命保険のオプションとして「全疾病保障」が無料付帯されます。

これは、「働けない状況が、がんや脳卒中などの8疾病なら12か月、それ以外なら24か月以上継続した場合、ローンの残債が0になる」というものです。

12か月経過する前の働けない期間については、毎月の返済額をこの保障がカバーしてくれます。

また、8疾患以外で働けない状態が12か月続いた場合には、見舞金として30万円支払われるため、万が一の時にも安心でしょう。

さらに、住信SBIでは、頭金がない場合にも最低金利で借入できるよう、「フラット35 ミスターパッケージローン」という商品も出しています。

フラット35は、「審査が通しやすい」というその特性上、「頭金のある人は金利を優遇しますよ」という仕組みになっています。つまり、頭金がない場合、金利が上乗せされてしまうのです。

しかし、住信SBIであれば、頭金相当分である物件の1割をミスターパッケージローンで借入し、フラット35での借入を物件価格の9割以下に抑えることで、頭金がない方でも最低金利で借り入れることができるようになっています。

ARUHIのように、頭金が1,2割ある場合のさらなる金利引き下げがないこと、融資事務手数料が借入金×2.0%(税抜)とやや高いことから2位としておりますが、頭金の用意が難しい自営業の方にとっては、住信SBIでの借入が有力候補であることは間違いありません。

フラット35金利
※頭金1割以上
35年固定 1.270%
フラット35S金利
※頭金1割以上
当初5~10年
当初期間終了後
1.020%
1.270%
融資事務手数料 借入金額×2.0%(税抜)
借り換え
その他 全疾病保障無料付帯オススメ!
ミスターパッケージローンで頭金がなくても低金利で借入可!

楽天銀行 住宅ローン

  • 楽天銀行住宅ローン
  • 金利 4.5
    借りやすさ 4
    人気 3.5
    返済方法 4
    総合評価 4

第3位は、言わずと知れた楽天グループのネット銀行、楽天銀行です。

楽天銀行の強みは、何と言っても、金利水準と融資事務手数料が常に業界最低水準であるところです。

頭金が1割ある場合の金利は、1,2位同様の1.270%に設定されています。

また、通常の場合は借入金額×2.0%(税抜)かかる融資事務手数料が、楽天銀行の場合には借入金額×1.404%(税抜)とお得になっています。

さらに、楽天銀行を返済口座に指定した場合には、借入金×1.0%(税抜)と、1位のARUHI同様に事務手数料が最低水準まで引き下がる点は、非常に魅力的です。

また、楽天銀行には実店舗はありませんが、相談に対応できるよう、無料オンライン相談を受け付けています。

毎日22時までやっており、仕事後でも相談できる体制となっていますので、共働き世帯にとっては嬉しいポイントでしょう。

さらに、楽天銀行を返済口座とした場合限定で、資産残高・取引件数で決められたハッピープログラムのステージが、1ランク上になるという特典も付帯されます。

ハッピープログラムは、ATM手数料や振込み手数料が複数回無料になったり、楽天スーパーポイントをお得に貯められたりと、楽天ユーザーには嬉しいサービス内容になっています。

ARUHIのような金利優遇や、住信SBIのような保障面でのメリットはないものの、融資事務手数料が安く、楽天ユーザーにはメリット満載な楽天銀行は、選んで損なしと言えるでしょう。

フラット35金利
※頭金1割以上
35年固定 1.270%
フラット35S金利
※頭金1割以上
当初5~10年
当初期間終了後
1.020%
1.270%
融資事務手数料 借入金額×1.404%(税抜)
楽天銀行が返済口座の場合借入金額×1.0%(税抜)オススメ!
借り換え
その他 返済口座を楽天銀行に指定することで、ハッピープログラムのステージの優遇あり