マイホームの家を建てる住宅ローンの頭金の費用・相場や平均はいくら?

夢のマイホーム購入には、住宅ローンや頭金のことをしっかり考えることが大切です。巷では、「頭金は購入費用の20%以上必要」といった情報もありますが、実は必ずしも必要ではありません。

本記事では、マイホームに必要な住宅ローンの頭金について詳しく、そしてわかりやすく解説していきます。

また、頭金の平均や頭金の相場などの目安についても余すことなく紹介していきます。

この記事を読むだけで、住宅購入の際に必要となる頭金の考え方を身につけることができるようになるでしょう。

1.マイホームの頭金の考え方

はじめに、マイホームの頭金の考え方について、一昔前と現在の考え方の違いを踏まえて解説していきます。

そもそも頭金とは、住宅購入にかかるお金の内、住宅ローン以外でまかなうお金のことをいいます。

頭金のイメージとして、たとえば、購入予定住宅の金額が3,000万円だったとします。この金額の内、2,400万円を住宅ローンで支払う場合、残る600万円は頭金になるといったイメージです。

さて、このマイホームにかかる頭金の考え方につきまして、一昔前は、頭金がなければ住宅ローンを組めない時代がありました。

そのため、住宅ローンを組むためには、どうしても頭金を用意しなければならないという強制がありました。

しかし、現在では頭金の考え方が多様化し、各家庭の経済事情によって頭金を用意しても、用意しなくともよい、いわゆる任意の時代になっています。

今の時代の事情を考慮すると、頭金の準備を強制することは、住宅購入ができない世帯が増加することが予測できます。これにより、いわゆる時代の流れや変化が顕著に表れていると言っても過言ではないでしょう。

1-1.頭金を入れずにマイホームを購入するとどうなるのか

頭金を入れずにマイホームを購入するということは、いわゆるフルローンでマイホームを購入することになります。

結論から述べますと、専門家の間でも意見が分かれるところではあるものの、フルローンでマイホームを購入すること自体に問題はありません。これは、現在の頭金の考え方でも解説しましたように、各家庭の経済事情を優先して頭金を考えることが重要だからです。

おそらくユーザーの皆さまの中には、「それだったら、最初から頭金を入れないでフルローンでマイホームを購入しよう」と考える方もおられるでしょう。

しかし、現在のマイホーム購入における頭金には、実は「金利優遇の効果」や「返済金額の削減効果」があるということも知っておく必要があります。

金利優遇の効果とは、その名の通り、頭金を用意しておくことで住宅ローンの金利が引き下げられることをいいます。

たとえば、住宅購入金額の10%を頭金として用意している場合、金利が1.7%から1.2%に引き下げますといったイメージです。金利が引き下げられるということは、結果として返済するお金が少なくなることから、返済金額の削減効果が得られることにつながっていきます。

1-2.貯金を全額頭金に充ててはいけない

マイホームの頭金を用意することは、前述したような恩恵が受けられる場合があります。

ただし、今ある貯金を全額マイホームの頭金に充てることは避けましょう。これは、不景気やデフレと言われる現在の経済情勢を考慮したリスク回避策でもあるためです。

仮にマイホーム購入後、急な支出を要することが発生した場合、手元にお金がないことで苦しい状況に立たされてしまいます。このようなことを避ける意味でも、できるだけお金を残し、もしもの場合や将来に備えた対策を取っておくのが賢明な判断と言えるでしょう。

1-2-1.住宅購入に必要となる「諸経費」や「生活予備費」も考慮して考えなければ破綻する

住宅購入の諸経費とは、金融機関に支払う事務手数料や登記手続きのために司法書士に必要となる報酬などさまざまな種類のものがあります。

住宅購入の諸経費にあたるもの
事務手数料司法書士に対する支払報酬
不動産取得税・登録免許税など各種税金保証料
団体信用生命保険料火災保険料
引っ越し費用地鎮祭などの費用(時と場合による)

上記の住宅購入にかかる諸経費は、新築住宅や中古住宅の違いのほか、家の規模などによって異なります。あくまでも目安になりますが、注文住宅の場合は購入金額の10%、戸建住宅の場合は購入金額の6%程度を諸経費として見積もっておくことをおすすめ致します。

次に、生活予備費について解説します。生活予備費とは、いざというときのために備えておく費用のことをいいます。

たとえば、倒産や解雇などで失業してしまった場合などに備えておくお金のことです。

住宅購入にかかる諸費用や生活予備費は、住宅ローンの融資金額を考慮する上でとても大切な金額になります。そして、安全で安心な住宅ローンの返済や将来の家計を考えるには、諸費用や生活予備費を考慮するだけでなく、教育費用や老後費用についても考えておく必要があります。

一般的には、住宅ローンの申し込みをするのは簡単であるものの、審査が通ることと返済し続けていくことが難しいとされています。

ただし、住宅ローンの返済ができたとしても、前述した教育費用や老後費用といったその他の費用について蓄えることができなければ、それは決して正しい住宅ローンの組み方とは言えません。

このようなことを踏まえますと、住宅購入後のお金の流れやライフプランがどのように推移するのかについて、事前に確認しておくことは重要であると改めて感じることができるのではないでしょうか。

1-2-2.生活予備費はいくら残しておけばよいのか

生活予備費は、家計によって個人差が生じますが、多いことに越したことはありません。また、職業によって備えておく目安が異なる見方もあります。

おおよその目安として、自営業者であれば1年から2年分の生活費、サラリーマンなど会社員等の場合は半年分の生活費は最低でも押さえておきたいものです。

1-3.最低、いくらくらいの頭金が必要になるのか

はじめに再度確認しておかなくてはならないことがあります。それは、一昔前と現在では頭金の考え方が異なっているということです。

つまり、一昔前では頭金が購入金額の20%から30%が必要と言われていた思考は、現在の頭金の考え方に即していないことを意味しています。

スポンサーリンク

  • すべての金融機関において、購入金額の20%から30%の頭金の準備を強制していない
  • 購入金額に対する頭金の準備によって金利の優遇が受けられる場合がある
  • フルローンを多くの金融機関で取り扱っている

上記のような現状を踏まえますと、そもそも「頭金を用意しなければならない」「最低でも〇〇万円の頭金を用意しなければならない」といった考えは正しい判断基準になるとは言えないと思われます。

1-3-1.2,000万円のマイホームを購入する際の頭金の最低ライン

住宅購入にあたって頭金を入れようと検討している方にとってみますと、「頭金の最低ラインが気になって仕方がない」という方もおられると思います。

そこで、ここでは2,000万円のマイホームを購入する際に必要と思われる頭金の金額を概算計算してみます。

  • 2,000万円 × 10% = 200万円(金利優遇が受けられる可能性が高い頭金)
  • 2,000万円 × 10% = 200万円(注文住宅を購入した場合にかかる概算諸経費)
  • 15万円 × 6ヶ月 = 90万円(生活費等が1ヶ月15万円、会社員等の場合)
  • 200万円 + 200万円 + 90万円 = 490万円(頭金・概算諸経費・概算生活費等の合計)

1-3-2.3,000万円のマイホームを購入する際の頭金の最低ライン

今度は、自営業者が3,000万円のマイホームを購入するものとして概算計算をしてみます。

  • 3,000万円 × 10% = 300万円(金利優遇が受けられる可能性が高い頭金)
  • 3,000万円 × 6% = 180万円(戸建て住宅を購入した場合の概算諸経費)
  • 20万円 × 12ヶ月 = 240万円(生活費等が1ヶ月20万円、自営業者の場合)
  • 300万円 + 180万円 + 240万円 = 720万円(頭金・概算諸経費・概算生活費等の合計)

2.マイホームの頭金の平均金額・相場

マイホームの頭金における平均金額(相場)について、ここでは住宅金融支援機構が公開している「2015年度フラット35 注文住宅融資利用者の主要指標」を基に紹介していきます。

住宅の種類2014年(平成26年)
頭金の全国平均金額(相場)
2015年(平成27年)
頭金の全国平均金額(相場)
注文住宅498.6万円497.3万円
建売住宅450.0万円409.4万円
マンション837.4万円889.3万円
中古戸建278.5万円239.3万円
中古マンション425.9万円372.9万円

参考:住宅金融支援機構 フラット35利用者調査2015年度

2-1.あくまでも平均や相場であり、あなたには関係ない

購入を希望している住宅の種類によって頭金の平均金額(相場)は大きく異なっていることがわかります。

しかし、あくまでも頭金の平均金額や相場は全国平均の金額であり、参考目安に留めておく必要があります。

大切なことは、自分たちの家計に見合ったお金を準備することであり、決して無理をして頭金を用意するものではないことがポイントになります。

3.頭金がなかなか貯まらない、あるいはできるだけ預貯金を残しておきたい場合

単に頭金と言えども、数百万円を貯めるのは至難の業です。

また、住宅購入後に備えて、できるだけ預貯金を残しておくことも大切です。そのため、仮に頭金になるようなお金を持ち合わせていなかったり、まとまった預貯金をどうしても手元に残しておきたかったりする場合は、住宅ローンを「フルローン」で組む方法があります。

たしかに、フルローンの場合、頭金を用意して住宅ローンを申し込むときに比べ、金利が高くなるデメリットがあります。

しかし、表面上の金利だけに捉われることはかえって家計のお金を考える上で、逆効果になることもあります。

これは、実際にフルローンで返済シミュレーションをしてみますと、思いのほか返済金額が極端に変わらないといったことに気が付ける場合があるためです。

そのため、家計の懐具合や将来のお金の流れを考慮したときに、かえって頭金を住宅ローンへ組み入れるよりもフルローンで申し込んだ方が家計にとって良いお金の流れが構築できる場合もあるわけです。

重要なポイントは、頭金を用意した場合とフルローンの場合をシミュレーションして比較し、どちらがあなたにとって理想のプランなのかを検討するところにあります。

3-1.後から繰り上げ返済も視野に入れる

マイホームを購入する計画を立てる時点で、可能であれば住宅ローンの繰り上げ返済についても視野に入れておきたいところです。

ただし、住宅ローンの返済を続けながら、子どもの教育資金や老後の生活資金を貯めていくことはとても大変なことです。

そのため、これらの優先順位をしっかりと決め、それでもお金に余裕があるのであれば、住宅ローンの繰り上げ返済を検討してみることをおすすめ致します。

住宅ローンの申し込み前に、ライフプランや家計のお金がどのように流れるのかを事前確認しておくことで、さまざまなお金の不安を解消する安心感が得られる場合もあります。

まとめ:マイホーム購入における頭金の重要なポイント

これまで解説させていただ、マイホーム購入における頭金の重要なポイントについてまとめます。

  • 頭金の考え方が多様化し、頭金を用意しても用意しなくともよい任意の時代
  • 頭金だけではなく、諸経費や生活予備費も考慮する
  • 頭金を入れないフルローンで家計のお金が円滑になる場合もある
  • 頭金を入れた場合と入れない場合の比較シミュレーションが大切
  • 頭金の平均金額や相場はあくまでも参考程度に

マイホームを購入するための頭金は、できる限り用意しておくべきお金ではあります。

しかし、現在におきましては、頭金を用意することよりも、「将来のライフプランやお金の流れ」を考慮して頭金に充てるか、充てないかを判断することが重要になります。

とはいえ、金融機関によっては、頭金の用意をすることで金利の優遇を受けられる場合が多くです。そのため、金融機関同士の比較検討も頭金を考える上で決して疎かにできないポイントと言えます。

高額な保証が無料付帯かつ審査に通りやすい住宅ローン

  • じぶん銀行

    ポイント

    「一般団信」と「がん50%保障団信」が完全無料(金利上乗せなし)で付帯可能!

    住宅ローン保証料や団信保険料、一部繰り上げ返済手数料も無料。

    特 徴

    三菱UFJ銀行 とKDDI(au)の共同出資によるネット銀行「じぶん銀行」の住宅ローン。変動金利型と固定金利特約型を取り扱う。

    また、ペーパーレスで審査が受けられるため、最短10日で契約が完了します。

    変動金利を検討中で契約手続きを簡単・素早く終えたい人、そして手厚い団信を無料で付けたい人にオススメの住宅ローンです。
  • 住信SBIネット銀行

    ポイント

    業界最低水準の低金利が魅力。

    それでいて、保証料や団信保険料、全疾病保障無料、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性に加え、固定金利特約型の金利を大幅に優遇している。

    特 徴

    変動金利と固定金利特約型3年・5年の金利が、他の住宅ローンと比較してもトップクラスの低金利を実現しています。

    また、保証料や全疾病保証の無料付帯は、他の住宅ローンにはない大きな魅力です。

    低金利でありながら、豊富な保証が無料なのでじぶん銀行にならんで、現在最も有力な住宅ローンになります。