クレジットカードが住宅ローン審査に及ぼす影響:枚数が多い人は解約しよう

モノクロのクレジットカード

クレジットカードは、社会人であれば複数枚を所持している方も多いと思われます。

ただ、住宅ローンの審査におきましては、このクレジットカードの所持や支払履歴が、結果として融資の可否に大きな影響を与えてしまいます。

一例として、保有しているクレジットカードに、いつでもお金を借入することができるキャッシング機能が付帯されている場合におきましては、住宅ローンの審査において、確実にマイナスの影響を与えることになります。

このようなことも踏まえまして本記事では、クレジットカードが住宅ローン審査に及ぼす影響について幅広く解説を進めていきます。

1.クレジットカードが住宅ローン審査に及ぼす影響

クレジットカードが住宅ローン審査に及ぼす影響は、クレジットカードの所持や支払履歴が大きく関係してきます。

本項では、さまざまなケースを想定し、クレジットカードが住宅ローン審査に及ぼす影響を個別に解説していきます。

1-1.クレジットカードの支払代金を複数回に渡って遅延した場合

クレジットカードの支払代金を複数回に渡って遅延した場合は、まずもって住宅ローンの審査に通過することは難しいでしょう。

一般常識的に考えますと、期日までのお金の支払いについて、複数回に渡ってその支払いが遅延しているということは、「お金の支払いにだらしのない人」だと見られるか、「支払代金を負担する経済的余裕のない人」と見られるか、いずれかがあてはまると思われます。

お金を貸す立場であった場合、このような人たちに対してお金を貸そうとは思わないのは、当然ですよね。

これと同様に、金融機関では、信用のない人に対して住宅ローンを融資するわけはないのです。

1-2.クレジットカードの支払代金を1回遅延した場合

クレジットカードの支払代金を1回遅延した場合で、その後は、支払期日にしっかりと引き落としがなされているのであれば、住宅ローンの審査にマイナスの影響を与えることはありません。

人ですから、ついうっかり入金を忘れていた場合や、引き落とし口座の残高が足りていると勘違いした場合なども十分考えられる範囲内です。

このため、このような場合は、極度な心配をする必要はありません。

ただし、「ついうっかり」が何度も続くようなことはあってはいけません。

本人が「ついうっかり」であったとしても、住宅ローンを融資する金融機関側としては、「ついうっかりで済ませるはずがない」ためです。

このため、遅延の繰り返しがないように、細心の注意を払うように心掛けておくことが大切です。

1-3.クレジットカードにキャッシング機能が付帯している場合

クレジットカードには、お金をいつでも自由に借入することができるキャッシング機能の付いたものが一般的に出回っております。

住宅ローンの審査において、このキャッシング機能が付いたクレジットカードを保有している場合は、キャッシングの有無に関わらず、キャッシング枠のすべて借入しているものとみなして住宅ローンの審査が行われます。

この時、問題となるのが、「返済負担率が収入に対して適切な割合になっているかどうか」ということになります。

【返済負担率とは】

年収(自営業の場合は所得)に占める、借入金などの年間返済金額の割合のことを言います。

一般に、返済負担率は25%以下が望ましく、30%を超えるとかなり厳しい住宅ローンの返済を強いられると言われます。

極度に返済負担率が高すぎる場合には、住宅ローンの審査に通過することが難しくなります。

以下、キャッシング機能付きのクレジットカードと返済負担率の関係性について、大まかな条件を設定し、比較シミュレーションしたものを紹介します。

1-3-1.返済負担率のシミュレーションと比較

  • 年収:500万円
  • 借入希望金額:3,000万円
  • 金利:2.0%(全期間固定金利)
  • 返済期間:35年
  • 返済方法:元利均等返済(ボーナス払いなし)
  • 1枚あたりのキャッシング枠:50万円
  • キャッシング枠の年間みなし返済金額:15万円(50万円×30%)
  • キャッシングの利用歴およびその他の借入はないものとする
キャッシング機能付クレジットカードの保有枚数 1年間のみなし返済金額(住宅ローンの返済額含む) 返済負担率 住宅ローン審査に及ぼす影響
0枚 1,192,536 23.85% なし
1枚 1,342,536 26.85% ほぼなし
2枚 1,492,536 29.85% あり
3枚 1,642,536 32.85% あり
4枚 1,792,536 35.85% 大いにあり
5枚 1,942,536 38.85% 大いにあり

キャッシングの利用歴やその他の借入がない、いわゆる「無借金」の方であったとしても、キャッシング機能付クレジットカードの保有枚数が多ければ多い程、住宅ローン審査に及ぼす影響が大きくなっていることが確認できます。

1-3-2.キャッシング機能付クレジットカードの保有枚数が多い人は解約しよう

今回のシミュレーションで問題となるポイントは、利用していないキャッシング枠が、借入しているものとみなされるところにあります。

キャッシング機能付クレジットカードの保有枚数が多い人は、住宅ローンの審査において不利になってしまうということです。

このため、以下のいずれかの対策をとっておく必要があります。

  • クレジットカードそのものを解約して枚数を減らす
  • キャッシング機能のみを廃止してもらう

これら2つの対策方法は、どちらが良い悪いといったことはありません。ご自身にとって適切な方法を選んで、対策を取ってもらうことで足ります。

1-4.クレジットカードのキャッシングについて、複数回に渡って返済が遅延している場合

住宅ローンの審査におかれましては、クレジットカードのキャッシングについて「複数回に渡って返済が遅延している場合」は、かなり厳しい審査がなされることは確かです。

いわゆる「借金の返済が滞っている」ことと同じになります。

場合によっては、ブラックリストに異動していることも十分に考えらるのです。

この時点で、住宅ローンの審査に通過することは確実にありません。

仮に、ブラックリストに異動していなかったとしても、クレジットカードのキャッシングについて、複数回に渡って返済が遅延していること自体が、非常に問題となってきます。

ほぼ確実に、「住宅ローンの審査に通過しない」と心しておくのが無難でしょう。

1-5.クレジットカードを利用して分割払いやリボ払いをしている場合

クレジットカードを利用して分割払いやリボ払いをしている場合も、住宅ローンの審査に及ぼす影響があります。

これは、具体的には、前項で紹介した返済負担率の計算に含まれるという影響です。

そのため、クレジットカードを利用して分割払いやリボ払いをしている場合で、かつ、キャッシング機能付きのクレジットカードを多数所持している場合は、住宅ローンの審査に通過しない程の重大な影響を与えてしまう結果になり兼ねません。

このことも押、さえておくべきポイントであると言えるでしょう。

1-5-1.携帯電話の割賦代金やその他の支払いにも注意

クレジットカードが住宅ローンの審査に及ぼす影響として、意外なものの1つに「携帯電話の割賦(かっぷ:月に何回かに分けて支払うこと)代金」があげられます。

あくまでも契約内容によるものの、毎月電話会社から請求される金額の中には、携帯電話の機種代金相当額が含まれていることがあります。

この料金が遅延した場合は、通信料の遅延とは別の取り扱いとなるのです。

そのため、すでに紹介した個人信用情報に、「代金の返済が遅れてしまった」履歴が残ることになるとお考えください。

結果として、住宅ローンの審査に対してマイナスの影響を与えてしまうことにつながります。

また、その他の支払いといったざっくりとした表現となってしまいますが、中には、住宅ローンの審査に影響を与えるものもあります。

これを踏まえますと、やはり、常日頃から代金の返済遅延には細心の注意を払っておかなければならないことが改めてわかります。

2.個人信用情報の履歴は、長い時間が経過しないと無くならない

キャッシング機能付きクレジットカードの利用の仕方や保有枚数などによって、住宅ローンの審査に及ぼす影響は大いにあることがご理解できたと思います。

この時、最大の肝となるのが「個人信用情報」です。

基本的に、個人信用情報に記載されている履歴は、長い時間が経過しないと無くならないといった特徴があります。

そのため、信用情報機関と呼ばれる機関が管理している個人信用情報に誤りが無い限り、この情報を下に住宅ローンの審査が行われることになります。

住宅ローンの申し込みをする予定がある方は、個人信用情報に懸念がない状況を作り出しておく必要があるのです。

そのためには、何よりもまず、返済遅延をとにかくしないことが最優先事項です。それ以外のことについては、ご自身の対策で対応が可能となります。

個人信用情報に問題がある方は、たとえ、どんなに収入がよくて、安定した職業に就いていたとしても、懸念のある履歴が無くならない限り、どの金融機関でも住宅ローンの審査に通過することはありません。

まとめ

クレジットカードが住宅ローン審査に及ぼす影響を個別に解説してきましたが、改めてポイントを箇条書きでまとめます。

  • キャッシング機能付きクレジットカードは保有しているだけで住宅ローンの審査に影響を与えることになる(持ちすぎている場合は、解約もしくはキャッシング機能の廃止手続きをする)
  • 1回程度の「うっかり忘れ」は住宅ローンの審査に基本的に影響しないが、複数回はまずもって住宅ローンの審査通過は厳しくなると心得ておく
  • 個人信用情報が住宅ローンの審査に通過するための最大の肝。返済遅延をとにかくしないことを最優先に考え、あらかじめ、個人信用情報に懸念がない状況を作り出しておくこと。

上記のポイントは、決して難しいことではなく、誰でも当たり前にやれることです。

住宅ローンは、そもそも貸したお金をしっかりと返してくれる信用のある方に対して融資されるものです。

その信用を確認するための個人信用情報は極めて重要なものとなります。

クレジットカードと個人信用情報は、密接な関係があることは明らかです。

普段何気に利用し保有しているクレジットカードについて、本記事をきっかけに再度、利用・保有の仕方を検討されてみることをおすすめします。

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング