住宅ローン申し込みにクレジット一括払いは審査に影響するのか?

クレジットカード

住宅ローンの申し込みをしますと、金融機関を問わず、住宅ローンの審査が行われます。

この時、保有しているクレジットカードの利用状況や契約状況も合わせて確認されることになるのです。

一般に、クレジットカードには、以下の2つの利用方法があります。

  • ショッピング
  • キャッシング

たとえば「ショッピング」の場合、買い物や何かしらのサービスを受けた代金を後でまとめて支払う「一括払い」と、複数回に分けて支払う「分割払い」などです。

住宅ローンの審査におきましては、クレジットカードの利用の仕方や現況によって、住宅ローンの審査の仕方が変わるのです。

そこで本記事では、クレジットカードの利用と住宅ローン審査の関係性について、わかりやすく解説を進めていきます。

1.住宅ローン申し込みとクレジットカードの利用状況の関係性をまとめて解説

冒頭では、住宅ローンの審査において、クレジットカードの利用の仕方や現況によって、住宅ローンの審査の仕方が変わることをお伝えしました。

ここでは、住宅ローン申し込みとクレジットカードの利用状況の関係性を、まとめて解説していきます。

1-1.住宅ローンの申し込みや審査時にクレジットカードの一括払いを利用していた場合

住宅ローンの申し込みや審査時にクレジットカードの一括払いを利用していた場合で、いわゆる代金の未払いが残っている場合は、住宅ローンの審査に影響を及ぼすことはありません。

これは、あくまでも一括払いを選んだことによって、「本来ならば今支払うべき代金を一旦クレジット会社が立て替え払いし、後ほど、クレジット会社に対して立て替え払いしてもらった代金をまとめて支払う」といった約束を交わしているためです。

そのため、クレジットカードの一括払いの履歴は、住宅ローンの審査時に必ず確認される個人信用情報の履歴には載りません。

このため、住宅ローンの申し込みを受けた金融機関側としては、クレジットカードの一括払いは、住宅ローン審査の対象外となります。

ただし、一括払いの代金が引き落としされる日を過ぎても代金が無事決済されない場合は、当然のことながら、代金の決済が遅延した履歴が残ることになるため注意が必要です。

1-2.住宅ローンの申し込みや審査時にクレジットカードの分割払いを利用していた場合

住宅ローンの申し込みや審査時にクレジットカードの分割払いを利用していた場合で、代金の完済が済んでいない場合は、個人信用情報に利用履歴が残ることになります。

これは、分割払いだけでなくリボルビング払いも同様です。

ただし、住宅ローンの審査において、クレジットカードを利用して分割払いやリボルビング払いを利用していることが大きな問題になるのではありません。

あくまでもこれらの代金が完済までに滞りなく支払われ続けているのかが非常に重要なのです。

住宅ローンの返済もクレジットカードの分割払いなども、完済までにしっかりと滞ることなく支払い続けていくことが信用のあることにつながりますので、融資をする金融機関側から重要視されることは当然です。

1-3.住宅ローン申し込みとクレジットカードの利用状況の関係性まとめ

これまでの解説から、住宅ローン申し込みとクレジットカードの利用状況の関係性をまとめます。

内容 クレジット一括払い クレジット分割払い
(リボルビング払い含む)
住宅ローンの
審査に対する影響
原則としてなし
(決済日に決済されない
場合は遅延履歴が残る)
あり
(残債務を含めて返済負担率が計算される)
住宅ローン審査のポイント 代金決済日にしっかりと決済されていれば、個人信用情報に履歴が残らないため、問題は生じない 頻繁に決済の遅延履歴があった場合や連続して決済の遅延履歴がある場合は、極めて住宅ローン審査が不利になる。
ブラックリストの掲載が確認できた時点で即審査通過不可となり、履歴が消えるまでは、どの金融機関でも融資を受けることはできない。

クレジットカードを利用した金額にもよりますが、基本的に代金の延滞履歴が無ければ、さほど住宅ローン審査に大きな影響を及ぼすことは考えにくいのは確かです。

ただし、住宅ローンの申し込み前に、この辺の部分がどうしても気がかりな場合は、無理に申し込みをする前に一度、FPや住宅ローンアドバイザーといった専門家に相談し、事前対策や見解を聞いてみるのが望ましいでしょう。

2.住宅ローン本審査前のクレジット一括払いについて、相談事例から考える

住宅ローンの申し込みや審査とクレジットカードの利用履歴につきましては、すでに解説した通りです。

ここでは、実際に住宅ローンの仮審査に通過し、本審査に臨む方が、クレジットカードの一括払いについて不安に感じている相談内容を紹介します。

住宅ローン本審査前のクレジット一括払いの返済の件

この度、住宅ローンの仮審査がとおり本審査へ進もうとしている者です。

仮審査のときに、クレジットの分割支払い分は全て申告したのですが、一括払いとボーナス払いの分は仮審査の申請書にその欄がなかったのもあり、またローンが実際に振り込まれる前に完済してしまうものでしたので申告しませんでした。

この一括払いとボーナス払い分を、本審査申し込み前に引落し月より前に完済してしまうべきなのか、それとも本審査前にはそういった支払い処理はせずにそのままにしておいた方が良いのか悩んでおります。

おそらく、事前審査時に信用情報機関への問合せで、申告した分割払いの他に、一括やボーナス払いのものがあるのは先方にも知られているとは思うのですが。
どうもこれを、保証会社が行う本審査前に残しておくのが怖くて....。

何かアドバイスや、「私はこうしました」という経験談がありましたら何でも構いませんので、お教え願います。よろしくお願いいたします。

ヤフー知恵袋より引用)

2-1.相談内容から考えるFPの見解

結論から申し上げると、相談内容は、住宅ローンの本審査に影響を与えることはないと推測されます。

ただし、これから住宅ローンの申し込みをされる方々に伝えておきたいことがあります。

それは、「住宅ローンの審査で不安要素は、すべて解決しておくべき」ということです。

たとえば相談者の場合、質問内容に「仮審査のときに、クレジットの分割支払い分は全て申告したのですが、一括払いとボーナス払いの分は仮審査の申請書にその欄がなかったのもあり、またローンが実際に振り込まれる前に完済してしまうものでしたので申告しませんでした。」とあります。

不安であるのに、なぜ担当者に対して一括払いとボーナス払いの分はどのように記載すれば良いのか聞かなかったのでしょう?

仮に、これが原因で住宅ローンの審査に落ちてしまうリスクが高いとしたら、つまらないミスですし、後悔しきれないミスにつながる可能性もあると思われます。

わからない場合・不安な場合は、素直に聞いて不安を払拭すれば何も問題は生じません。

それにも関わらず、自分で自分の首を絞めてしまうことにつながるのかもしれないのです。

また、担当者が仮に、一括払いとボーナス払いについて、住宅ローン審査に影響を及ぼすと回答をした場合、本審査前にすべて残債務を完済する旨を伝え、本審査後にすべて債務を完済した証拠となる書類を提出すれば足ります。

このような対応をすることで、むしろ本審査はプラスに働くことは間違いありません。

住宅ローン審査では、申し込みをした個人の人柄(個人属性)も見られるものです。

誠実でしっかりと対応し、わからないことや不安なことは担当者にしっかりと相談する方が好印象であることを知っておく必要があるのです。

3.住宅ローンの申し込みとクレジットカード一括払いの注意点

住宅ローンの申し込みや審査時に、クレジットカードを一括払いで利用していたとしても、原則として住宅ローンの審査に差し支えはありません。

ただし、保有しているクレジットカードが、時として住宅ローンの審査にマイナスの影響を与えてしまうことがあるため注意が必要です。

具体的には、保有しているクレジットカードのキャッシング枠の有無です。

筆者自身もそうなのですが、たとえば、クレジットカードの利用は一括払いのみで分割払いやリボ払い、キャッシングといった他の機能を活用しないといった方も多いと思います。

しかし、保有しているクレジットカードにキャッシング機能が付いている場合は、キャッシングをまったく利用していないとしても、利用しているものとしてみなし計算がなされることになります。

そのため、住宅ローンの審査項目でもある「返済負担率」に影響を与えることにつながるのです。

【返済負担率とは】

年収(自営業の方の場合は平均所得金額)に占める、年間返済額(元金+利息)の割合のことをいい、「金融機関が、いくらまで貸してくれるのか」の基準となる割合です。

返済負担率=(1年間の返済額÷年収)×100%

金融機関ごとに上限(30~45%)が設定されており、一般に、返済負担率が25%程度までであれば余裕の持った返済ができると言われています。

かなり多くのクレジットカードを保有し、さらに、キャッシングができる場合は、あらかじめ利用していないクレジットカードを解約するなどの対策が必要です。

3-1.一括払いを分割払いやリボ払いに変更する場合も注意

クレジットカードを利用し、当初は一括払いで代金決済したものの、クレジットカードの締め日が到来する前に、一括払いから分割払いやリボ払いに変更することができるクレジットカードもあります。

このような場合は、個人信用情報の履歴に残ることになります。

住宅ローンの申し込みや審査の時期を考えながらクレジットカードを利用することはとても大切ですが、この辺は、特に計画性を持った利用が求められます。

3-2.一括払いの決済が間に合わない!クレジット会社への事前連絡は審査に影響する?

クレジットカードを一括払いで利用しますと、その代金の請求が、翌月や翌々月などになされることになります。

このため、実際にクレジットカードの代金が引き落とされる日までに、お金の工面が付けられないといった場合もあるかもしれません。

こういった場合に、「個人信用情報に延滞の履歴が載らないようにしたい」といった考えから、あらかじめクレジット会社へ事前連絡すると、延滞の履歴は、はたして免れるのでしょうか?

答えはNOです。

延滞の履歴は残ってしまいます。

そのため、住宅ローンの審査で必ず確認される個人信用情報には、クレジット代金が決済されなかった履歴が残ることになるのです。

事前連絡をしたことによって、クレジット会社の心証はまだマシになっていると言えるでしょう。

しかしその一方で、住宅ローンの審査においてはプラスには働かないため注意が必要です。

3-3.公共料金をクレジットカード払いにしている場合も決済には細心の注意を

現在は、電気・ガス・水道といった公共料金をはじめ、国民年金保険料や税金など、さまざまな代金の支払いをクレジットカードで行えるようになっています。

この時、銀行口座からの引き落としではなく、クレジットカード決済にしている場合は、決済日に要注意です。

クレジットカードを利用した代金は、どのような目的で利用したのかではなく、あくまでも「決済日にしっかりと決済できなかった」ことが、延滞として履歴が残る原因となります。

金額の多少に関わらず、クレジット代金の決済日までに引き落とし口座への入金を忘れないようにすることが非常に大切です。

当たり前のことが当たり前にできる方に対して、住宅ローンの融資は実行され、信用を得られることにつながります。

まとめ

住宅ローンの申し込みや審査において、クレジットカードを一括払いで利用した事実は、原則として住宅ローンの審査に影響を及ぼしません。

ただし、一括払いおよび分割払いといった代金の決済方法を問わず、決済日までに無事決済されず延滞したことによる履歴は残ることになるため、住宅ローンの審査において少なからずマイナスに作用するのは間違いありません。

つい、うっかり入金し忘れてしまったといった理由で一度だけ決済されなかった履歴が残ってしまう程度であれば住宅ローンの審査に影響を及ぼすことはまずもって考えられませんが、連続の延滞や度重なる延滞は、住宅ローンの審査に通過するのが相当厳しくなるのも確かです。

そのため、クレジットカードを活用している方で住宅ローンの審査にこれから申し込みを行う予定がある場合は、クレジットカードに絡むお金の管理について、特に注意を払っておく必要があるといえます。

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング