永住権のない外国人がフラット35などの住宅ローン審査に通過する方法

外国人

私たち日本人にとってみますと、「国籍」は気にすることのない住宅ローンの審査項目かもしれません。

しかし実のところ、住宅ローンの審査において、国籍も審査項目の1つとして審査している金融機関もあるのです。

この時1つのポイントになるのが、永住権です。

永住権があるか・ないかによって、住宅ローンの申し込みができる・できないといった違いが出てきます。

そこで本記事では、「永住権のない外国人」がフラット35などの住宅ローン審査に通過する方法について、まとめて紹介していきます。

1. そもそも永住権とは

永住権とは、外国人が日本の在留期間を制限されずに住み続けられる権利のことを言います。

実のところ、多くの金融機関が取り扱っている住宅ローンでは、外国人が申し込みをする基準として「日本の永住権を取得していること」を求めている場合が多くなっています。

以下、参考までにフラット35を申し込みする際に必要な外国人の申し込み条件について紹介しておきます。

次のいずれかにあてはまる外国人の方はお申込みいただくことができます。また、連帯債務者となることや住宅を共有することもできます。

「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号)第22条第2項または第22条の2第4項の規定により永住許可を受けている方

「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(平成3年法律第71号)第3条、第4条または第5条の規定による特別永住者の方

(出典:フラット35公式サイト

永住許可申請

(出典:法務省HP

フラット35を外国人が申し込むためには、永住許可申請をして永住権を得るなどの対応が必要であることがわかります。

ただし、永住権のない外国人であったとしても、フラット35を除く他の住宅ローンの申し込みをすることができる金融機関もあります。

このため永住権がない外国人の方で住宅ローンを申し込む予定がある方は、まず、申し込みの対象となる金融機関選びから始めなければなりません。

2. 永住権の有無と住宅ローンの申し込みの可否を大まかにまとめて紹介

永住権のない外国人の方が住宅ローンを申し込む場合、申し込みが可能であるかどうかを確認し、対象となる金融機関選びをしなければなりません。

そこで本項では参考までに、平成31年3月現在において住宅ローンを取り扱っているおもな金融機関の商品概要説明書をもとに、永住権の有無と住宅ローンの申し込みの可否を大まかにまとめて紹介します。

金融機関またはローン商品 申し込みの可否 申し込み条件
フラット35 × 永住許可
イオン銀行 × 永住許可
三菱UFJ銀行 × 永住許可
三井住友銀行 × 永住許可など
みずほ銀行 × 永住許可
りそな銀行 外国人に関する記載なしであるため、念のため確認しておくことが望ましい
住信SBIネット銀行 日本国内に住んでいる方が申込対象となっていることから、念のため確認しておくことが望ましい
じぶん銀行 ×
東京スター銀行 次項のイメージ図参照
新生銀行 次項のイメージ図参照

2-1.東京スター銀行の例

スターワン住宅ローン

(出典:東京スター銀行公式サイト

永住権のない外国人の方が東京スター銀行で住宅ローンを申し込みする場合、日本語の契約規定を理解できる方でなければならないことがわかります。

これ以外の申し込み条件は、一般の住宅ローンと変わりません。

次項で紹介する住宅ローンの審査項目を個別に確認し、それぞれの審査項目について対策を取っておくことで足りるでしょう。

2-2.新生銀行の場合

新生銀行

(出典:新生銀行公式サイト

永住権のない外国人の方が新生銀行で住宅ローンを申し込みする場合、配偶者が日本国籍または永住許可を有し、かつ、その配偶者が連帯保証人となることも条件に盛り込まれています。

つまり、新生銀行で永住権のない外国人の方が住宅ローンの融資を受けるためには、少なくとも配偶者がいなければならないことがわかります。

また、配偶者が連帯保証人となることも条件にあるため、配偶者自身も住宅ローンを返済できる安定した収入や個人信用情報に大きな問題がないことも求められます。

2-2-1.連帯保証人になる場合、配偶者は住宅ローン控除の対象外

新生銀行に限ったことではありませんが、住宅ローンの連帯保証人になった場合、連帯保証人になった配偶者は住宅ローン控除の適用対象外となるため注意が必要です。

住宅ローンは、夫婦で収入合算をして申し込みができます。

しかし、住宅ローンを申し込む金融機関によって「夫婦がそれぞれ連帯債務者になるのか」「収入合算者が連帯保証人になるのか」取り扱いが異なっています。

そのため、夫婦で収入合算を行い、夫婦それぞれが住宅ローン控除の適用を受けたいと希望している場合は、連帯保証人ではなく夫婦それぞれが「連帯債務者」となる形で融資を受ける必要があるのです。

この部分は、細心の注意が必要なポイントと言えるでしょう。

収入合算(ペアローンと連帯債務者と連帯保証人)の違いと控除

2017年5月14日

このように、永住権のない外国人の方が住宅ローンを申し込む場合、申し込みが可能な金融機関が限られているだけでなく、融資条件や将来のライフプランも考慮するとかなり不利な条件でなければ借入ができないこともわかります。

3.永住権のない外国人が住宅ローンの申し込みができたとしても審査の通過は別物

永住権のない外国人が住宅ローンの申し込みをすることができたとしても、審査が通過するのかどうかは別物です。

永住権のない外国人が住宅ローンの審査に通過するためには、前項で紹介した東京スター銀行や新生銀行の申し込みができる方の条件にすべてあてはまっている必要があります。

このほか、通常、以下で紹介するような住宅ローンの審査において重視される審査項目を満たしていることが必要です。

審査項目

(出典:平成29年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書

上記の審査項目の内、特に割合の高いものを中心に1つずつ住宅ローンの審査対策をすることができれば、永住権のない外国人であったとしても住宅ローンの審査に通過しやすくなると考えられます。

なお、それぞれの審査項目のポイントは同サイト内で公開している以下の記事から確認することができますので、あわせて読み進めてみることをおすすめします。

住宅ローンを借りるには?事前・仮審査と本審査の審査基準10項目

2016年5月26日

4.永住権のない外国人が住宅ローンの審査で懸念される理由

永住権のない外国人が住宅ローンの審査で懸念される理由は、完済まで返済されないリスクが大きいためです。

仮に、永住権のない外国人に対して住宅ローンを融資した後、自国へ帰還した場合の残債はどのようになってしまうのか、誰でも予測は立てられます。

つまり、返済途中で貸し倒れになってしまうことによる大きな損害を避けたいために、少なくとも永住権を取得していることを求めている金融機関が多くなっているわけです。

住宅ローンは、通常、20年や30年などの長い期間に渡って返済していくものです。

これを踏まえますと、永住権がない外国人にお金を融資するのに対して債務不履行(デフォルト)リスクが付きまとうことは否めません。

5.永住権の取得とライフプラン・返済計画はセットで考える

永住権のない外国人が住宅ローンの融資を受けられたと仮定した時、すべてのローンを完済するまで長い年月がかかることになります。

この時、完済までの長い年月の間、ずっと永住権が無い状態であることは少々考えにくいものがあります。

また、永住権のある外国人は、永住権のない外国人に比べて、住宅ローンを申し込みできる金融機関が多いだけでなく、フラット35で頭金を多く入れて借入するなど、対策次第で有利に借りやすくなることも確かです。

そのため、永住権がない状態で住宅ローンの申し込みを考える前に、将来のことを考えながら、永住権の取得とライフプランや住宅ローンの返済計画についてセットで考えることを強くおすすめします。

まとめ

これまでの解説から永住権のない外国人が住宅ローン審査に通過する方法をまとめます。

  • 永住権のない外国人でも住宅ローンの申し込みができる金融機関を選ぶ
  • 通常、審査される住宅ローンの審査項目に懸念が無いように対策をしておく
  • 住宅ローンの審査が厳しめになることが予測されるため、頭金(自己資金)を多めに保有している状態を作り出していることが望ましい
  • 収入合算をする配偶者がいる場合、配偶者の収入や個人信用情報などの問題についてなど、それぞれの審査項目を総合的にクリアしている必要がある

永住権がない外国人の方は、住宅ローンを申し込みすることができる金融機関が限られ、かつ、審査が厳しめです。

残念ながら、有利に借りることは難しいのです。

そのため、

  • なぜ永住権がない状態で住宅ローンを申し込みするのか
  • 永住権を取得してから住宅ローンを申し込まない理由は何なのか
  • 融資を受けてからの将来をどのようにしていくのか

など、いま一度しっかりと考えておくべきことがたくさんあるでしょう。

本記事の内容を再度、一通り踏まえた上で、これからの住宅ローンの申し込みに活かしていただければと思います。

審査が甘いフラット35を選ぶなら超低金利の今がチャンス

全期間固定金利であるフラット35を選ぶなら、間違いなく今がチャンスです。歴史的な超低金利が今も続いているものの、一生続くことは考えられないからです。

今後、少しずつ金利は上がっていくことが予想されるため、固定金利(当初10年など)や変動金利は金利上昇のリスクがあります。

その点、フラット35であれば契約とともに総支払額が確定します。

仮に金利が急激に上がっても、安定した支払いが可能です。

金利の変動で住宅ローンの支払いで破産する人は多いですが、フラット35なら家賃と同じように支出が見えるので家計のやりくりが簡単になります。

また、審査が緩いため、「年収が低い」「転職したばかりで勤続年数が少ない」などでも融資してもらえる可能性が高いです。

これらは融資条件に含まれていないからです。また、「自営業の方」や「派遣社員(パート・アルバイトを含む)」であっても審査が通りやすいのはフラット35だけになります。

「低金利のまま、最後まで安定した支払いを希望される方」や「審査に不安があるという方」はフラット35を選ぶようにしましょう。

フラット35ランキング

自営業者の方はこちら↓↓↓

個人事業主向けフラット35ランキング

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング