収入合算をしなければ家族や妻はフラット35や住宅ローン審査に影響無し

家族

フラット35は、住宅金融支援機構が取り扱っている長期固定金利の住宅ローンのことを言い、一般に住宅ローンの審査が比較的緩いと言われています。

また、フラット35の融資をより確実に受けるために、収入合算(配偶者や両親のいずれかと収入を合わせて借入する)を選択される方も少なくありません。

この時、同居の家族に借金などがあった場合は、審査に影響をするのか気になる方もおられるようです。

ただ、収入合算をしない家族につきましては、ローンの審査に影響を与えることはありません。

そこで本記事では、フラット35を例に住宅ローンの審査が申し込む人以外は審査に影響を及ぼさないといったことについて解説を進めていきます。

    おすすめじぶん銀行

    ポイント

    「一般団信」と「がん50%保障団信+全疾病保障」が完全無料(金利上乗せなし)で付帯。

    「がん」と診断されるだけで住宅ローン残高が半分、さらに全てのケガ・病気で入院継続180日以上になった場合にはローンの残債ゼロになる、圧倒的な保障内容です。

    特 徴

    三菱UFJ銀行 とKDDI(au)の共同出資によるネット銀行「じぶん銀行」の住宅ローン。変動金利型と固定金利特約型を取り扱う。

    また、ペーパーレスで審査が受けられるため、最短10日で契約が完了します。

    変動金利を検討中で契約手続きを簡単・素早く終えたい人、そして手厚い団信を無料で付けたい人にオススメの住宅ローンです。

1.フラット35の審査は、原則として住宅ローンの申込者が対象

フラット35の審査の対象は、原則として住宅ローンの申込者のみです。

そのため、住宅ローンの申し込みをする上で、同居の家族や別居の家族に借金や金銭的な問題があったとしても、ローン審査の対象になることはありません。

つまり、仮に住宅ローンの審査に落ちた場合は、家族ではなく住宅ローンの申込者に何かしらの問題があったと考えることができます。

住宅ローンを組めない10の理由と審査落ちを防ぐためにすべき対策

2018年1月28日

1-1.フラット35を収入合算で申し込む場合は、その家族も審査対象

フラット35は、夫婦や親子の収入を合わせて申し込みをすることができ、これを収入合算と言います。

フラット35を収入合算で申し込む場合は、ローンを申し込む本人だけではなく収入合算をする人も審査対象となります。

たとえば、本人と配偶者、両親が貸家に住んでいたとし収入合算をする場合、本人と配偶者がローンの審査対象です。

両親は審査の対象外となります。

収入合算でローンを申し込んだ結果、審査落ちした場合は、申込者本人または収入合算者に何かしらの問題があったことを意味します。

そのため、ローンの審査に落ちてしまった場合は、どちらにどのような問題があったのか明確にしておくことがとても大切です。

1-1-1. 収入合算する相手がローンの審査対象となる理由

収入合算する相手がローンの審査対象となる理由は、本人と収入合算者がお互いに連帯債務者となるためです。

つまり、本人が返済できない場合は収入合算者が返済義務を負い、収入合算者が返済できない場合は本人が返済義務を負う、という関係があるのです。

収入合算者には、ローンを返済する資力と信用が求められるものであるとお考え下さい。

2.ローン審査における過去の債務による取り扱い

フラット35や住宅ローンをはじめとした各種ローンの審査におきましては、過去の債務による取り扱いがどのようになるのか気になる方も多いと思います。

結論から申し上げますと、ローンを申し込む方の個人信用情報の内容次第です。

1つ確実に言えることは、個人信用情報に「異動=ブラックリスト」の状態が確認できた場合は、ローンの審査に通過することはありません。

住宅ローン審査に通らない理由を知らないと審査に落ち続ける

2016年5月18日

なお、収入合算でローンを申し込みする場合は、本人だけではなく収入合算者の個人信用情報も確認されます。

仮に収入合算者の個人信用情報に問題があった場合は、収入合算してローンを借入することはできません。

2-1.現在の債務状況もローンの審査に大きな影響を及ぼす

現在の債務状況も、ローンの審査に大きな影響を及ぼす原因になります。

この理由は、現在抱えている債務というのはこれから借入する住宅ローンとあわせて返済義務を負っており、これらの債務を無理なく返済し続けていかなくてはならないためです。

フラット35の審査におきましては、年収と現在の債務状況およびこれから返済する住宅ローンの返済金額をもとに「返済負担率」といった審査項目で審査されることになります。

住宅ローンの毎月々の返済金額平均と年収に見合う返済負担率とは

2017年2月22日

2-2.ローンに無関係な家族は、個人信用情報に問題があったとしても審査に影響しない

ローンに無関係な家族は、個人信用情報に問題があったとしても審査に影響することはありません。

あくまでも、ローンの借入や返済に直接関係のある方が審査の対象です。

審査対象とならない家族が、仮に個人信用情報に問題を抱えていたとしても、ローンの審査に影響を与えることはありません。

3.家族構成は、フラット35の審査にわずかながら影響を与える

フラット35の審査において、申込者の家族構成は、審査にわずかながら影響を与えることになります。

この理由は、家族を養っていかなければならないといった、いわゆる「扶養」が大きく関係しているためです。

3-1.扶養している家族の生活費

一般に、本人や扶養している家族の生活費は、毎月の収入から差し引かれるものになります。

扶養している家族が多ければ多い程、毎月の生活費も多くかかりますよね。

つまり、これらの生活費に加えて住宅ローンの返済を行っていかなければならないことを踏まえますと、ローンの審査に通過するためには、余裕のあるローンの返済計画と対策を立てておくことが求められます。

    最低金利!じぶん銀行

    ポイント

    「一般団信」と「がん50%保障団信+全疾病保障」が完全無料(金利上乗せなし)で付帯。

    「がん」と診断されるだけで住宅ローン残高が半分、さらに全てのケガ・病気で入院継続180日以上になった場合にはローンの残債ゼロになる、圧倒的な保障内容です。

4.収入合算しないでローンの審査に申し込みする注意点

住宅ローンの審査において、申込者と共に収入合算をしなければ、家族の債務状況は審査に影響を与えることはありません。

ただし、単独名義で住宅ローンを借入するということは、申込者本人の収入・債務状況・健康状態といった、いわゆる個々の住宅ローンの審査項目に問題がないことが求められます。

そのため、どのような住宅ローンの審査項目がありどこに気を付けておく必要があるのか、事前に知った上で対策を取っておくことが大切です。

4-1.住宅ローンの審査項目

住宅ローンの審査項目は、国土交通省が毎年公開している統計データ「民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」からどのようなことが審査されるのか確認することができます。

単独名義で住宅ローンを借入する場合は、上記の審査項目に懸念がない状態を作り出しておくことがとても大切です。

ただし、すでに解説をしましたように、ローンを申し込む方の個人信用情報に「異動=ブラックリスト」の状態が確認できた場合は、ローンの審査に通過することはありません。

この履歴が抹消されるまでには通常5年程度の期間を有することになるため、常日頃からお金の管理はしっかりと行っておくことがとても重要です。

5.住宅ローンの審査に落ちた方の理由を活かす

住宅ローンの審査に落ちた方というのは、先に紹介した審査項目やその他の理由に何かしらの問題があったことになります。

そのため、住宅ローンの審査に落ちた方が「なぜ審査に落ちてしまったのか」という理由を予測した上でご自身の審査対策に活かすことも大切です。

5-1.フラット35の審査に落ちてしまった例から原因を予測

先の解説を踏まえまして、以下、フラット35の審査に落ちてしまった例からその原因を予測してみます。

フラット35sの審査に落ちてしまいました。とてもショックです。
なぜ落ちたのでしょうか。

先日みずほ銀行のフラット35sに申し込みをしましたが、今日不動産の担当者さんから電話があり、審査に通らなかった事を知らされました。とてもショックです。

担当者の方が、過去に何かクレジットカードでの事故があったのでは。と言うのですが、今まで支払いが遅れたことは無いと思います。
今担当者の方も都市銀行以外の西○信用金庫など色々あたってくれていますが、とても心配です。下記の条件ではやはり他の銀行のフラット35sでも無理でしょうか。

①勤続年数 9ヶ月
②年収420万円
③借入れ希望額 2,350万円
④クレジットカードの所有枚数2枚
⑤リボ払い残高 約20万 ←(全額まとめて支払う手続きはしてありますが、まだ引き落とされていません)
⑥車のローン なし

乱文で申し訳ございませんが宜しくお願いいたします。

ヤフー知恵袋から引用)

5-1-1.審査落ちの理由1 勤続年数が短い

フラット35の審査に落ちることになった1番の理由は、①勤続年数 9ヶ月が最も大きいことが予測されます。

フラット35では、申し込みの条件に「勤続年数が6ヶ月以上」など勤続年数が短くても可能な条件を設けておりますが、ポイントは、

  • 申し込みをすることと
  • 審査に通過すること

これらを一緒にしてはならない部分にあります。

一般に、住宅ローンの審査における勤続年数は「3年以上」を1つの基準としている金融機関が多いです。これは、安定して得られる収入が見込めるかどうかの重要な審査項目となります。

そのため、ここの部分に大きな懸念を抱かれたと考えることが自然でしょう。

5-1-2.審査落ちの懸念 クレジットカードを含んだ返済負担率

フラット35の審査に落ちることになった理由に返済負担率も大きく関係していそうです。

年収というのは、1年間の目に見える額面収入を表しておりますが、質問者の方は勤続年数9ヶ月であるため、年収420万円が信憑性のある金額なのか疑問が残ります。

仮に、年収420万円で2,350万円の借入ですと、金利1.5%・35年返済(ボーナス払いなし)・元利均等返済でシミュレーションすると、1ヶ月あたりの返済金額は71,953円です。

  • 71,953円×12ヶ月=863,436円(1年間における住宅ローンの返済金額)
  • (863,436円÷4,200,000円)×100=20.558%(返済負担率)

上記だけですと、返済負担率に問題が生じません。

クレジットカードを2枚所持していることから、これらにキャッシング機能が付いている場合はそれらも加味されて返済負担率が計算されます。

つまり、返済負担率がキャッシング機能の影響によって高くなり、これにより返済負担率が重くなっていると懸念されたことも考えられそうです。

5-1-3.まとめて支払う手続きがされているためリボ払いは問題なし

通常、リボ払いも返済負担率にマイナスの影響を与えることになります。

しかし今回の質問例では、まとめて支払う手続きが行われていることから問題はありません。

ただし、融資担当者に対して「リボ払いがあるがまとめて支払う手続きを行っている」旨をしっかりと伝えておくことがとても重要です。

この場合は、後ほどリボ払いを完済した証明書の提出が求められることもあります。

ただ、虚偽でない以上、審査にプラスの影響を与えることは言うまでもありません。

5-1-4.住宅ローンの審査は総合的に行われる

質問内容から審査落ちの理由や懸念について解説をしましたが、あくまでも質問内容から読み取れる部分を紹介したことに過ぎません。

そのため、質問内容にはない、重要な審査落ちの理由があることも考えられます。

住宅ローンの審査項目を1つずつ、精査・確認して対策を取っていくことが極めて重要になります。

まとめ

住宅ローンの審査において、家族に借金などの債務があったとしても、申し込む人や収入合算者以外は審査に影響がありません。

そのため、住宅ローンの申し込みや返済に関係のある方が常日頃からしっかりとお金の支払いを行い「個人信用情報に問題がない」状態を作っておくことが、住宅ローンの審査に通過するための大前提です。

また、住宅ローンの申し込みを行う前は、住宅ローンの審査項目を確認しご自身に審査項目の懸念がないか調べておくことも大切であるとお考え下さい。

そのためには、本記事で紹介したように「住宅ローンの審査に落ちてしまった方の理由」を参考に、ご自身の審査に活かすことがとても効果的です。

審査が甘いフラット35を選ぶなら超低金利の今がチャンス

全期間固定金利であるフラット35を選ぶなら、間違いなく今がチャンスです。歴史的な超低金利が今も続いているものの、一生続くことは考えられないからです。

今後、少しずつ金利は上がっていくことが予想されるため、固定金利(当初10年など)や変動金利は金利上昇のリスクがあります。

その点、フラット35であれば契約とともに総支払額が確定します。

仮に金利が急激に上がっても、安定した支払いが可能です。

金利の変動で住宅ローンの支払いで破産する人は多いですが、フラット35なら家賃と同じように支出が見えるので家計のやりくりが簡単になります。

また、審査が緩いため、「年収が低い」「転職したばかりで勤続年数が少ない」などでも融資してもらえる可能性が高いです。

これらは融資条件に含まれていないからです。また、「自営業の方」や「派遣社員(パート・アルバイトを含む)」であっても審査が通りやすいのはフラット35だけになります。

「低金利のまま、最後まで安定した支払いを希望される方」や「審査に不安があるという方」はフラット35を選ぶようにしましょう。

フラット35ランキング

自営業者の方はこちら↓↓↓

個人事業主向けフラット35ランキング

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング