完済した消費者金融への過去の借入が住宅ローン審査に与える影響

完済

住宅ローンの融資を受けるためには、どの金融機関に申し込みをした場合であっても、必ず審査を受けることになります。

この時、

  • 消費者金融からの借入があること
  • 過去に借入があったことに対してどのような取り扱いになるのか

これらが気になる方は多いようです。

結論から申し上げると、消費者金融から借入がある状態で住宅ローンの審査を受けることは、審査に極めてマイナスに働きます。

また、過去に消費者金融からの借入があった場合は、ケース・バイ・ケースの取り扱いになるとお考え下さい。

このようなことを踏まえまして本記事では、

  • 完済した消費者金融への過去の借入が住宅ローン審査に与える影響
  • なぜ、消費者金融からの借入が住宅ローンの審査にマイナスの影響を与えるのか

これらについて、解説を進めていきます。

1.消費者金融からの借入が住宅ローン審査の段階で残っている場合の影響

消費者金融からの借入が、住宅ローン審査の段階で残っている場合は、住宅ローンの審査項目である「返済負担率」に大きな影響を与えることになります。

【返済負担率とは】

年収(自営業の方の場合は平均所得金額)に占める、年間返済額(元金+利息)の割合のことをいい、「金融機関が、いくらまで貸してくれるのか」を判断するための数字です。

返済負担率は、以下の式で計算します。

(1年間の返済額÷年収)×100%

たとえば、年収500万円の方が、1年間に100万円返済する場合、(100万円÷500万円)×100%=返済負担率は20%となります。

金融機関等では、借入条件(融資条件)として、返済負担率の上限を設定しています。

これから融資を受ける予定の住宅ローンの返済金額と既存の消費者金融からの返済金額は、合算して返済負担率が計算されます。

そのため、希望の借入金額に対して収入がギリギリの場合は、返済負担率が大きくなってしまいます。

これは結果として、住宅ローンの審査に落ちてしまうことにつながるのです。

1-1.消費者金融からの借入は、個人属性を見られる上でマイナスになる懸念が高い

消費者金融からの借入は、定職に就いていれば基本的に誰でもお金を借りられるものです。

これは、自動車ローンや住宅ローンと異なり、お金の使い道を問われません。

そのため、消費者金融からの借入が複数あったり、多額にあったりする場合は、少なくとも「お金の管理に問題があるのでは?」といった懸念を持たれることにつながります。

住宅ローンの審査で見られる「申込者個人の評価」に、マイナスの影響を与えてしまう懸念が高くなってしまうとお考え下さい。

1-2.消費者金融への返済に対する延滞が頻繁にある場合は、ほぼ融資不可

消費者金融機関からの借入があり、かつ、返済に対する延滞が頻繁にある場合は、「ほぼ融資不可」の決定がなされる可能性が極めて高くなります。

住宅ローンの審査で必ず確認される個人信用情報の履歴から、簡単にバレてしまうのです。

住宅ローンを融資したとしても、「しっかりと返済をしてくれる見込みがない」と判断されてしまうためです。

消費者金融からの借入に対して、ただでさえ懸念を持たれることは避けられない中で、返済遅延といった延滞があるような方に対して、数千万円といった大金を融資するはずはないのは至って当然のことでしょう。

2.消費者金融からの借入を完済している場合の住宅ローン審査の影響

消費者金融機からの借入を完済している場合で住宅ローンの審査に申し込みをした場合、「完済したのがいつなのか?」によって、見られ方は異なると考えられます。

過去5年以上前に完済しているのであれば、まずもって問題がないとお考え下さい。

これは、住宅ローンの審査で必ず確認される個人信用情報の履歴に、消費者金融からの借入履歴が掲載されていないと考えられるからです。

住宅ローンの申し込みを受けた金融機関は、住宅ローンの審査をする際に申込者などの個人信用情報を必ず確認します。

ただし、これはあくまでも、照会できる期間の範囲で信用の有無を確認するのです。

つまり、過去に消費者金融から借入をしていたとしても完済してそれなりの期間が経過している場合は、履歴が抹消され、調べられることはないわけです。

2-1.消費者金融からの借入に対する完済から過去5年以内であっても基本的に問題ない

住宅ローンの審査を受ける際に、消費者金融からの借入に対する完済から過去5年以内であっても、基本的に審査に問題は生じません。

これは、住宅ローンの審査時点での借入状況が見られるためです。

基本的に過去5年以内に消費者金融からの借入があり、その履歴が残っていたとしても、現状を優先されるのです。

ただし、こちらは、実際に住宅ローンの申し込みを受けた金融機関によって判断は分かれることも十分予測されます。

このため、一概に「問題がない」とは言い切れない部分もありますが、一般的には、問題がないと判断されるものと考えられます。

2-2.質問事例から、住宅ローンの審査に通るのか考えてみる

冒頭では、消費者金融からの借入があることや過去に借入があったことに対してどのような取り扱いになるのか気になる方は多いようとお伝えしました。

以下、ヤフー知恵袋の質問事例を下に、住宅ローンの審査に通るのか考えてみたいと思います。

過去に消費者金融からの借り入れ履歴があった場合住宅ローンは通りませんか?

現在住宅購入を検討してしますが、私は住宅ローンを組めるでしょうか?

現在3280万円の新築一戸建てを買うか検討しています。

初期費用の200万から300万ほどは貯金があるので払いますが、物件価格の3280万は住宅ローンを組むつもりです。

※正確に書くと、ここから500万円ほどは親の援助がありますので実質は2780万円のローンになりますが、今のところ親の援助が正確にいくらになるか分からないので3280万円で審査をしてもらいます。

【現状】

  • 勤務先情報:設立10年以上で資本金10億ほど 従業員数150名 の人材ビジネス会社。大手ではありませんが業績はまあまあの中小企業。
  • 私現在:33歳・妻(専業主婦) 娘3歳 の3人家族
  • 勤続8年目の中間管理職・年収昨年実績480万(税込)本年度見込540万(税込)
  • イオンクレジットカード・楽天クレジットカード所有
  • イオンはETC用、楽天は公共料金やちょっとした買い物に使用していて月平均4万円程利用
  • 共にキャッシングはなく、枠もゼロなのでキャッシングはできないようになっている
  • 車1台所有でローンはなし

【過去】

10年ほど前よりクレジットカードのキャッシングが始まり、7年ほど前に消費者金融からも借入が追加してしまいました。

それから自分の頭の悪さに気づき借金返済をして、3年前に消費者金融の借金をゼロにして、そして1年前にキャッシングの借り入れもゼロにしました。

  • 過去の最大借金金額:クレジットカードのキャッシング 約80万円/消費者金融 ア○ム 約100万/プ○ミス 約50万

ア○ムは最後過払い金が発生していたので、残っている借金と過払い金を相殺してゼロにしました。これは、ア○ムとも話して事故扱いなしでちゃんと契約を解約しています。

そして、これらのクレジットカードなどはすべて返済後に解約済みです。

そして、念のため信用情報も半年前に調べましたがすべて解約されており、事故もなしです。ただ、どの会社も契約の履歴は残っていました。やはり5年ほどは履歴に残るようです。

過去の知恵袋をみると、消費者金融からの借り入れがあった場合、履歴が残っている5年間はちゃんと返済しても住宅ローンは通らないと書いてあったり、逆に現在借り入れがなく契約もなければ関係ないと書いてあったり、本当のところどうなのでしょうか?

ご存知の方や、住宅ローンに詳しい方、実際に経験された方など何でもいいので意見をください。よろしくお願いします。

ヤフー知恵袋より引用・一部改変)

2-2-1.専門家の見解

借入条件が明記されていないため、住宅ローンの融資が通るかどうかは定かではありません。

ただ、消費者金融からの借入やキャッシングが、住宅ローンの申し込み時点でないことから、住宅ローンの審査に落ちてしまうというのはあまり考えられないでしょう。

また、質問者様が保有しているクレジットカードにキャッシング機能が付帯されていない点は、住宅ローンの審査において大きなプラス要素になるのは確かです。

ただし、実際に住宅ローンの申し込みを受けた金融機関によって、過去の借入履歴の判断は分かれることも十分予測されます。

一概に「問題がない」とは言い切れない部分もありますが、

  • 3年前の消費者金融の完済
  • 1年前のキャッシングの完済

このように、段階を経て、計画的に債務を完済している部分は、プラスの評価をする金融機関があってもおかしくはないでしょう。

住宅ローンの審査結果について、仮に、落ちてしまった場合は、その理由について伝えられることはありません。

このため、このような状況に置かれている場合は、専門家に相談した上で完璧な状態で住宅ローン審査に臨まれることをおすすめします。

もしも、完璧な状態で住宅ローンの審査に落ちてしまった場合は、少なからず、過去の借入履歴がマイナスに捉えられてしまったと判断することができます。

この場合、今後の対策として、住宅ローンの審査に落ちてしまった原因についてある程度予測が立てられるようにしておくことも、極めて重要になってくるのです。

3.住宅ローンの複数申し込みの注意点について知っておこう

住宅ローンの審査において、仮に、申し込みした金融機関から融資不可の連絡が届いた場合は、すぐに次の金融機関へ申し込みをすべきではありません。

まずは、「なぜ、住宅ローンの審査に落ちてしまったのか」原因を追究することが重要です。

これは、住宅ローンの審査に落ちてしまった履歴というのは、信用情報機関に登録されることになっているためです。

意地でも住宅ローンの審査に通過しようとして、複数の銀行を渡り歩いて申し込みを繰り返しますと、その履歴が、申し込みをした銀行に把握されてしまうことになります。

後から申し込みを受けた銀行側とすれば、「何か問題があるのでは?」「他行がダメだったからうちに来たのだろう」といった考えを持たれるのは当然のことです。

このような申込者は、別に、「申し込みブラック」と呼ばれることもあります。

たとえば、クレジットカードを作るのに「1ヶ月で3社以上に申し込んだ」などがあてはまり、住宅ローンの審査においても、同じような現象が十分考えられるのです。

住宅ローンの審査は、決して数を打てばあたるものではありません。

時には、FPや住宅ローンアドバイザーの協力の下、一発で住宅ローンの審査に通過するような事前対策をあらかじめ立てておくようにされることをおすすめします。

4.消費者金融からの借入がある場合は、完済および解約してから審査に臨む

これまでの解説の通り、消費者金融からの借入がある状態で住宅ローンの審査に臨むのは、マイナスの影響がどうしても大きくなってしまい、審査に通りづらくなってしまうことは否めません。

そのため、消費者金融からの借入は、住宅ローンの申し込み前に完済しカードを解約してから住宅ローンの審査に臨むことを強くおすすめします。

また、可能であれば、住宅ローンの申し込み直前に完済と解約をするのではなく、何年か前に完済と解約を実行しましょう。

「住宅ローンの審査のための対策」と露骨に見えるようなことは、避けておきたいものです。

まとめ

完済した消費者金融への過去の借入が住宅ローン審査に与える影響は、完済してからどの程度の年数が経過しているのかによって、その判断は異なります。

ただし、住宅ローンの審査時に、消費者金融からの借入が完済および解約をしている履歴が確認できれば、少なくとも、現状で借入中の場合よりも住宅ローン審査が有利に働くと考えられます。

なお、一般的には、住宅ローンの審査や対策をはじめ、住宅ローンの返済計画は、年単位で時間をかけて行うことが得策です。

このため、直前にバタバタと行うのではなく、計画的に余裕を持って行うことがとても大切であるとお考え下さい。

本記事中で紹介したヤフー知恵袋の質問者と同じ悩みや不安を抱えている方こそ、FPや住宅ローンアドバイザーといった専門家の協力を仰いだ方が、結果として住宅ローンの審査が上手くいくと思われます。

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング