住宅ローン審査通過後、融資実行直前に妊娠した場合の対処法

妊婦

住宅ローンを夫婦の収入を合算して申し込みをする場合において、妊娠・産休・出産・育休といった一連の流れは、タイミングや時期によって住宅ローンの審査に左右する影響を与えることがあります。

過去・現在・未来といった時点いずれにおいても、住宅ローンの審査に何かしらの影響を与えることになるのです。

本記事では、住宅ローンの審査へ通過した後、融資実行直前に妊娠した場合の取り扱いや対処法について解説を進めていきます。

1.住宅ローンの審査へ通過した後、融資実行直前に妊娠した場合の取り扱い

住宅ローンの審査へ通過した後、融資実行直前に妊娠した場合というのは、「それまで妊娠していることがわからなかった」ということになります。

このため、住宅ローンの融資実行が白紙に戻るといったことはありません。

また、仮に、住宅ローンの審査を夫の単独で申し込んだ場合におきましても、妻が妊娠したことによって融資実行がされないこともありません。

ただし、住宅ローンの申し込みや住宅ローンの審査段階の時点ですでに妊娠していることがわかっている場合やわかっていた場合というのは、後々の審査や融資実行に問題が生じる可能性も否めません。

このため、あらかじめ妊娠していることを告げることが重要になります。

あわせて、妊娠をきっかけに、妻が現在の職場を退職した場合は、融資実行が白紙撤回になる可能性がほぼ確実です。

1-1.具体的な質問事例と回答を紹介

審査が通り融資実行までの期間に妊娠したらどうなりますか?

夫婦合算での住宅ローンの審査が通り、建物を建て始めた段階で妻が妊娠した場合、融資が断られることはありますか?休暇を取って復帰することが証明できれば大丈夫ですか?

ヤフー知恵袋より引用)

夫婦合算で住宅ローンの審査が通り、建物を建て始めた段階であれば、すでに着工している状態にあるということですよね。

ですから通常、つなぎ融資を活用し、すでに住宅ローンの一部が金融機関側から不動産業者側へ融資されていることになります。

そのため、この時点で妻が妊娠したことがわかったとしても、以後の融資が断られることはありません。

ただし、妊娠している妻が社会保険に加入しているのか、そうでないのかによって、産休中や育休中に支払われる出産手当金や育児休業給付金に大きな違いが生じることになります。

そのため、上記のようなお金が支給されるのかを確認しつつ、これから始まる住宅ローンの返済や不動産取得税などの納税資金についても、再度確認されることが望ましいと思われます。

住宅ローン 本審査の申込時、妊娠9ヶ月

夫43歳、私40歳の子供なし夫婦です。二人とも正社員で働いている会社員です。

夫婦合算で住宅ローンの事前審査は通っており、売買契約は等ひととおり済んでおります。新築マンション購入で建築中のため、住宅ローンの本申込まで時間があります。

先日、私が妊娠をしました。完成2ヶ月前の住宅ローンの本申込をする頃は、私は妊娠9ヶ月になっています。

臨月に近づくほど、団信に加入できないことや、妊娠中では住宅ローンの申込ができない金融機関が多いことを最近しりました。

融資実行日は、入居予定日の約5日前となっており、私は出産後の産休中となっております。産休明けには、育休を取らず会社に復帰する予定でいます。

このような状況だと、住宅ローンは申し込めないのでしょうか。

教えてgooより引用)

このようなケースの場合、住宅ローンを融資する側の金融機関によって対応が分かれることが十分予測できます。

しかし、通常であれば、融資実行される期間が、出産後で職場復帰するまで先延ばしになる対応が考えられます。

これは、夫婦の収入合算を下にした住宅ローンの審査を行っているものだからです。

つまり、妻の収入が無ければ、「本来過剰な貸付であった」という側面も出てくるのです。

仮に、ご主人のみの信用や収入で住宅ローンの審査に通過するのであれば、再度、審査のやり直しでマンションの完成引き渡しに間に合うことも予測できます。

このため、ケース・バイ・ケースになると言わざるを得ない質問内容と言えるでしょう。

また、金融機関だけではなく、マンションを販売する売主にも早急な相談が必要です。

売主側の対応によっても、変わってくることも十分考えられます。

筆者個人としては、無計画な部分が浮き彫りになっている質問と悩みであることを痛感しております。これから住宅購入される方には、反面教師として役立てていただきたい事例と感じています。

住宅ローンの開始前に妊娠が発覚しました

他の方のローンについて質問を拝見させて頂きましたが、自分の状況がどの段階か分からないので質問させて下さい。

まず、今の状況をお話しします。

私は主人と共同で住宅ローンを組みました。私は合算者です。

フラット35の本審査も無事通り、住宅の引き渡しは1週間後です。

数ヶ月前に銀行の個室をお借りして土地販売の仲介業者さん、住宅メーカーの方、司法書士の方と私たち夫婦で融資実行を行いました。

先日、自宅に持ち分の割合を決めるために登記を代行で行ってくれる方が見えました。その方は支払いは約2ヶ月後の12月12日と言っていました。

しかし、私の妊娠が2週間前に発覚しました。

ローンの融資が行われる前だと妊娠が分かるといけないと聞くのですが融資後、支払いの前の妊娠は問題ないのでしょうか?

2週間前の診察でお医者さんに母子手帳を貰って来て下さいと言われたのですがこれはどこかに報告するべきなのでしょうか?普通に貰いに行っても大丈夫でしょうか?

教えてgooより引用)

質問の内容から、すでに融資実行がされていることが確認できます。

融資実行がされた時点で、金融機関と交わした住宅ローンの金銭消費貸借契約が、無事履行されたということです。

つまり、融資実行後に妊娠がわかった場合であっても、問題が問われることはありません。

おそらく、司法書士が言っている12月12日の支払いというのは、住宅ローンの最初の返済引き落としのことだと予測されます。

初回の返済は、実際に融資実行を受けてからのタイムラグがあり、たとえば、2ヶ月の返済など、普段よりも多くなることが一般的です。

そのため、この部分のことを言っているのではないかと推測します。

なお、「2週間前の診察で、お医者さんに『母子手帳を貰って来て下さい』と言われたのですがこれはどこかに報告するべきなのでしょうか?」とあることから、おそらく初めての出産なのではないかとも思われますが、こちらは、住宅ローンとはまったく関係のないことになります。

妊娠がわかり、医師から母子手帳の交付を受けるように言われた場合は、お住まいの市区町村に対してその旨を伝えましょう。

そうすることで母子手帳が発行され、以後、産婦人科などの病院にかかる都度、持参するというのが通常の流れです。

2.住宅ローン審査通過後、融資実行直前に妊娠した場合の対処法

住宅ローンと妊娠にかかるさまざまな質問について回答をさせていただきました。

夫婦で住宅ローンを収入合算する予定がある場合は、「いつ住宅購入する予定なのか」を、あらかじめ大まかな目安を決めていることに尽きます。

これは、住宅ローンの審査において考慮される収入に、出産手当金や育児休業給付金といった、各種手当が含まれないためです。

これらの各種手当があることによって、産前産後休暇や育児休業期間中の世帯収入が極端に下がってしまうことはありません。

ただ、住宅ローンを融資する金融機関側としては、「安定した収入が得られていない状態」と見ることになります。

つまり、本来ならば収入合算をすることで住宅ローンの審査に通過することができるのにも関わらず、収入合算される金額が少なくなってしまい、借入できるものが借入できない恐れが生じる可能性があるわけです。

このことから、住宅購入する予定がある方で、夫婦で収入合算する予定がある場合は、子供を授かる時期もある程度計画的に行わなければならないとも言えます。

まとめ

住宅ローンの審査へ通過した後、融資実行直前に妊娠した場合であったとしても、問題が生じることはありません。

ただし、

  • 妊娠している状態で住宅ローンを申し込む場合
  • 出産した後の職場復帰が短い間で住宅ローンに申し込む場合

上記の場合には、本来、住宅ローンの審査に問題がなかった状態であったとしても、何かしらの制限や懸念が付いてしまうこともあるとお考え下さい。

そのため、住宅購入する予定がある方で、夫婦で収入合算する予定がある場合は、子供を授かる時期もある程度計画的に行わなければならない事前対策が最も効果的だと言えます。

また、妊娠が絡むということは、世帯収入や住宅ローンの返済にも影響を与えることが十分予測されます。

このため、この辺の資金に余裕を持たせておくように心掛けておきたいものです。

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング