妻のクレジットカード遅延やリボ払いは、住宅ローン審査に影響する?

クレジットカードを持つ女性

住宅ローンの審査では、金融機関を問わず、借入する方の「個人信用情報」が必ず確認されることになります。

この個人信用情報には、過去の履歴も含めて、自動車ローンやその他のローンの借入や返済をはじめ、クレジットカードの利用履歴や決済履歴なども含まれます。

このため、これらの信用取引に問題がある場合には、住宅ローンの審査に通過するのが極めて難しくなるとお考え下さい。

では、住宅ローンの審査において、妻の個人信用情報はどのように関係してくるのでしょう?

こちらにつきましては、ケース・バイ・ケースとなります。

そこで本記事では、住宅ローン審査における妻の個人信用情報を中心に、クレジットカードの使用履歴や遅延、リボ払いの影響などをそれぞれ解説していきます。

1.大原則!妻が住宅ローンの借入や返済に関係するかどうかで判断がわかれる

住宅ローンの審査において、妻の個人信用情報が関係する場合とは、以下のいずれかです。

  • 妻が住宅ローンを単独名義で借入する場合
  • 夫と収入合算した場合

そのため、夫が住宅ローンを単独名義で借入する場合であれば、「妻の個人信用情報が調べられて住宅ローンの審査に影響を与える」といったことはありません。

1-1.住宅ローンを夫と収入合算する場合は、個人信用情報が影響を与える

仮に、夫婦共働きで、住宅ローンを夫と収入合算する場合は、妻の個人信用情報も夫と共に必ず確認されることになります。

このため、妻のクレジットカード代金の決済遅延やリボ払いにかかる履歴が、住宅ローンの審査に影響を与えることになるのです。

もちろん、過去の履歴や現在抱えているローンの返済があれば、それらも考慮されることになります。

これは、妻の個人信用情報の内容によっては、「収入合算できない」という問題が発生する可能性もあることを意味します。

1-1-1.妻が連帯保証人になる場合は、妻の個人信用情報が影響を与える

住宅ローンを夫婦で収入合算する場合は、通常、夫婦それぞれが連帯債務者となります。

連帯責務者

通常、夫の単独名義で住宅ローンを借入する場合は、団体信用生命保険への加入や購入した土地や住宅を抵当権として設定することによって、住宅ローンを融資する金融機関側は、一通りの担保が確保されることになります。

そのため、妻を連帯保証人に設定するように条件が付されることは基本的にないと考えられるのです。

ただ、ごく稀に、妻が夫の住宅ローンに対する連帯保証人の話が飛び交うことがあるようです。

連帯保証人のイメージ

このような話が出た場合におきましては、妻の個人信用情報も住宅ローンの審査に影響を与えることになります。

当然のことながら、妻のクレジットカードの使用履歴に対して、連続もしくは複数回の遅延や多額のリボ払いなどが確認できた場合は、妻の収入や履歴にもよるものの、夫の連帯保証人になれないことは言うまでもありません。

2.質問事例から妻の個人信用情報が、住宅ローンの審査に影響を与えるのか考える

これまでの解説を踏まえまして、実際にヤフー知恵袋に投稿されている質問事例より、妻の個人信用情報が住宅ローンの審査に影響を与えるのか解説を進めていきます。

住宅ローン審査に、妻のカード延滞記録は影響がありますか?

夫名義で住宅ローンを数百万組む予定です。

ローン審査には、カード引き落としができずに延滞した記録や、リボ払いなどがあると審査が通らないと聞きました。

夫にはそのような履歴はありませんが、私名義のカードで数回延滞記録があります。あと数円足りなかったなどで引き落としできなかったことが理由です。

カード会社から連絡が来て「あれ?足りてなかった?」と気軽に考えていました。本当に自分のだらしのなさが情けないです。

私の(妻の)このような履歴で夫のローンが通らない可能性はありますでしょうか?

また、私がローンの連帯保証人になれますか?

もしなれないようでしたら、夫に全てを話して私の独身時代の貯金を住宅購入資金にあてるしかありません。

独身時代の貯金は夫には秘密にしていたので(私の両親の介護費用にあてたかった)、オープンにするのはためらいがあります。よろしくお願いします。

ヤフー知恵袋より引用・一部改変)

「住宅ローン審査に、妻のカード延滞記録は影響がありますか?」といった質問に対する結論から申し上げますと、この場合は、住宅ローンの審査に影響を与えることはありません。

以下、その理由について、質問内容を引用して解説を進めます。

2-1.夫名義で住宅ローンを数百万組む予定です

住宅ローンを夫名義で数百万組む予定ということは、住宅ローンの申し込み時において、あらかじめ金融機関側から個人信用情報の閲覧確認に対する同意を必ず求められることになります。

これによって、住宅ローンを申し込んだご主人様の個人信用情報が確認される流れとなるのです。

ご質問の場合ですと、ご主人の単独名義であるため、質問者様(妻)の個人信用情報が確認されることはありません。

なお、「妻本人から同意を得ていない」といった理由もあります。

また、「個人信用情報の内容確認による判断になります」と前置きしつつ、クレジットカードの引き落としができずに延滞した記録や、リボ払いなどがご主人には無いとのことから、信用にかかる部分においては問題がないものと思われます。

2-2.私がローンの連帯保証人になれますか?

あくまでも質問者様の個人信用情報がどのような履歴になっているのかによりますが、「私名義のカードで数回延滞記録があります」と記載されていることから、この延滞履歴が個人信用情報に載っていることが十分予測できます。

また、この延滞記録がどのくらいのスパンで載っているのかも大きく関わってくることになると思われますが、連帯保証人になるには、個人信用情報の問題の無さは当然に求められます。

このほか、連帯保証人となれる程度の「安定した収入」がある必要があるのです。

そのため、質問内容だけでは、連帯保証人になれるかどうかはわかりません。

ただ、個人信用情報の部分だけでみますと、少々懸念が残ることはどうしても否めないでしょう。

3.妻のクレジットカード遅延やリボ払いは、将来のライフプランにも影響する

これまでの解説では、仮に、妻のクレジットカード遅延やリボ払いがあったとしても、夫の単独名義で住宅ローンを申し込み、妻が連帯保証人や収入合算をしない場合は、住宅ローンの審査に影響がないことがわかりました。

ただし、住宅ローンの審査に影響がなかったとしても、将来の家族のライフプランや住宅ローンの返済には、大きなマイナスの影響を与えることが十分に予測できます。

ここでは、実際の相談事例の中で、特に、気になる内容を紹介し解説を加えていきたいと思います。

住宅ローン審査と妻名義のクレジット残高

ご相談します。自宅を新築しようと動き始めました。

こどもたちにお金がかかるときなので、自己資金は0で全額借入で3000万円のローンを考えています。

夫の年収は約750万円、妻はうちで簡単な内職でお小遣いを稼ぐ程度です。

夫にはカードローンはないのですが、妻(私)名義のキャッシング返済が3社約80万円、銀行ローン1社15万円の計約95万円あります。滞りはなく、毎月返済しています。

ローン審査前に、かんぽ学資保険の貸付を利用して、全額返済しようかと思うのですが、夫名義で住宅ローンの申請をするのに、影響があるのか心配です。

ご存知の方、アドバイスいただきたいのですが・・
よろしくお願いいたします。

OKWAVEより引用・一部改変)

上記の質問より、「夫名義で住宅ローンを申請する」とあることから、与えられている情報のみを見た限りでは、住宅ローンの審査に通過しないといったことはなさそうです。

では、いったいどのような部分に問題があるのでしょう?

3-1.住宅ローンの返済とキャッシングの返済が家計の重荷になる

質問者様の世帯では、現状、妻名義のキャッシングが3社と銀行ローン1社の4社から借入を行い、毎月返済していることが確認できます。

しかし、妻自身の収入は、自宅で簡単な内職によってお小遣いを稼ぐ程度とあることから、4社の返済の大部分は、夫の収入からもまかなわれていることが予測できます。

これに住宅ローンの返済が始まりますと、毎月の住宅ローンの返済に加えて4社に対する借入金の返済が継続することになるため、家計の支出は相当重荷になることが考えられます。

3-2.子供の教育資金準備にかかる懸念が感じられる

質問の中で、「こどもたちにお金がかかるときなので、自己資金は0で全額借入で3000万円のローンを考えています。」とあり、「ローン審査前に、かんぽ学資保険の貸付を利用して、全額返済しようかと思う」とあります。

質問者様は、将来子供にお金がかかることを認識していることは素晴らしいです。

一方で、現在加入している学資保険について、契約者貸付を利用しようと考えていることも確認できます。

【補足】

契約者貸付は、学資保険を解約した場合に戻ってくる解約返戻金の範囲内でお金を借入できる制度です

今回の場合ですと、いわば、お金の借り換えにあたり、今後は、かんぽ生命に対して借入したお金について、利息を付して返済していく必要があります。

何よりも、子供の教育資金が必要になった場合に、契約者貸付を行っていることが影響して、十分な満期返戻金を受け取れない可能性も否めません。

この結果、将来の子供の教育資金準備にかかる懸念が感じられると見ることができます。

また、契約者貸付をする予定であること、自己資金が0円で住宅ローンの借入を検討していることを考慮しますと、質問者様の世帯では、まとまった資金がおそらく無いとも推測できます。

先のことを考慮しますと、住宅ローンの審査通過以外の部分で大丈夫なのか、疑問が残ります。

まとめ

住宅ローンの審査において、妻のクレジットカード遅延やリボ払いは、住宅ローン審査に影響する場合と影響しない場合の2つにわかれることがわかりました。

あくまでも、夫の単独名義である場合は、妻のクレジットカードの利用履歴が住宅ローンの審査に影響を及ぼすことはありません。

しかし、ライフプランといった先のことまで考えた時、それなりの影響を与えることは確かと言えるでしょう。

そのため、住宅ローンの審査だけに留まらず、一歩踏み込んで、将来のライフプランや返済計画まで見通した上で検討していくことがとても重要になってくるのです。

多くの人が利用している人気の住宅ローンとは

人気の住宅ローンには、決定的な理由があります。

金利が低いことはもちろんのこと、「充実した保障が無料付帯されていること」です。

以下に、人気の住宅ローンランキングをまとめさせていただきましたので、借入先の選定にお役立ていただけますと幸いです。

充実した保証が無料付帯! 人気の住宅ローンランキング

金利プラン別住宅ローンランキング